「恋つづ」の一途でけなげな上白井萌音 こんな娘がいてもいいじゃないか

「恋つづ」の一途でけなげな上白井萌音 こんな娘がいてもいいじゃないか

応援したくなる(C)日刊ゲンダイ

【テレビ 見るべきものは!!】

 姉妹で女優といえば、広瀬アリス・すずの2人が思い浮かぶ。だが、こちらも負けてはいない。萌音(もね)と萌歌(もか)の上白石姉妹である。

 姉の萌音の知名度を一気に押し上げたのはアニメ映画「君の名は。」だ。2次元のヒロイン、宮水三葉に命を吹き込む名演だった。ドラマでは昨年の「怪談牡丹燈籠」(NHK・BSプレミアム)で演じた、お露が絶品と言うしかない。亡霊でありながら、好きな男につきまとう女の執念が悲しく美しく、また怖かった。

 そして今期の主演作が「恋はつづくよどこまでも」だ。女子高生だった七瀬(萌音)は偶然出会った医師、天堂(佐藤健)に一目ぼれ。彼の近くに行こうと決意し、努力してナースになった。現在は新人として、天堂と同じ病院に勤務している。

 確かに医療ドラマの一種だが、メインは「七瀬の恋」である。かつて多くの映画やドラマが作られた「愛染かつら」以来、医師と看護師の恋愛物は日本の伝統芸だ。ただし、こちらはいわゆるラブコメで、気楽に楽しめるのがいい。最初は歯牙にもかけなかった天堂が、いつの間にか七瀬を憎からず思っている。

 萌音は、お露にも負けない一途さで天堂を慕う。それでいて自信はないし、泣き虫だ。うっとうしさの一歩手前で、そのけなげさが七瀬を救っている。一途でけなげ。こんな娘がいてもいいじゃないかと、つい応援したくなってくる。

(碓井広義/上智大学教授=メディア文化論)

関連記事(外部サイト)