テレビ界を席巻した織田無道さん 余命1年と言われた末期がんを告白

『怪僧』と呼ばれた織田無道が末期がんを告白 2年前に医師から余命1年と宣告

記事まとめ

  • 織田無道は派手な夜遊びを公言し、『怪僧』の名をほしいままにしていた
  • その織田無道が取材を受け、2年前に医師から余命1年の末期がんと宣告されたと告白した
  • それ以来、あらゆる民間療法にチャレンジし総額3000万円以上使ったと織田無道は述べた

テレビ界を席巻した織田無道さん 余命1年と言われた末期がんを告白

テレビ界を席巻した織田無道さん 余命1年と言われた末期がんを告白

織田無道さん(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている】

 織田無道さん(僧侶・タレント/67歳)

 “怪僧”といえば、世界史ならば帝政ロシアのラスプーチン。日本のテレビ界だとこの人、織田無道さんを思い出す。90年代のオカルトブームの際は、水晶で霊視する霊能力僧として引っ張りだこだった。日刊ゲンダイでは6年前に取材しているが、さて今どうしているのか?

  ◇  ◇  ◇

「『余命1年。それどころか今日、明日死んでも不思議はない』と言われたのが2年前の6月でした。実は私、がんなんです。それも直腸、大腸、胃、腎臓、肝臓、肺と全身ががんだらけ。肺なんて25カ所目の転移ですからね。ステージ4? そんなもの、とっくに突き抜けてますよ」

 こう言うと、織田さんアッケラカンと笑った。だが、声にハリがない。痩せて見えるのは加齢だけではなかった。

「最初ね、右膝が痛くて歩きづらくなったから、かかりつけの病院で検査してもらったんです。その時は、『がんではありません』ってお墨付きをもらったのに、体調は悪くなる一方。それで大学病院でセカンドオピニオンしてもらったら、何のことはない。末期も末期、末期っ期だった。しかも、『手術も抗がん剤治療もやっても無駄。せいぜい数カ月延命できるかどうか……』って断言される始末」

 諦めきれず、都内のがん専門病院、さらに地元・神奈川県屈指の大学病院でも診察してもらったものの、台本があるかのように答えはどこも同じ、「余命1年……」。

「そこまでハッキリ言われたのが、むしろ良かった。中途半端に夢や希望を持たされたら気持ちが切り替わりません。『じゃあ、一般的な抗がん治療は一切拒否して、自分がやりたい治療を体験して、必ずや克服してやるぞ!』って心が奮い立ちました」 

 以来、がんに効く! と聞けば、漢方、サプリ、ワクチン、免疫療法などあらゆる民間療法にチャレンジ。さらに自称・超能力者のセミナーにまで参加した。さぞかし費用もかかったのでは?

「総額3000万円以上、使ってますね。1本2万円のドリンクを毎日、グビグビ飲んでたこともありました。でも気をつけてください。経験からいうとほとんどが詐欺ですから。善良な坊主をだまそうなんて不届き千万、間違いなく地獄行きです。ハハハハハ」

 それで今は?

「ある薬を試しています。効果があった暁には皆さんに情報公開するつもりなので、乞うご期待。そう簡単に死にゃあしませんよ」

■ワイドショーを賑わせたことも

 さて、織田さんは大学卒業後、臨済宗妙心寺派総本山の京都・妙心寺などで修行を積み、創建1200年の歴史を誇る神奈川県厚木市の円光寺・第49代住職に就任。そして80年代、折からの霊界ブーム、オカルトブームの最中に水晶玉による「霊視」「除霊」で注目を浴び、バラエティー番組の常連となった。

 ところが、僧侶にもかかわらず「酒好き」「大好物は焼き肉」「キャバクラ豪遊」を公言。ド派手な夜遊びが話題になり、“怪僧”の名をほしいままにした。

「クルマにも金を使いました。79年公開の故・松田優作さん主演映画『蘇える金狼』に登場する真っ赤なランボルギーニ・カウンタック・ウォルター・ウルフも私のコレクション。大ファンだった風吹ジュンさんが出演されると聞いて、二つ返事で貸し出したんです」

 90年に大ヒットしたハリウッド映画「ゴースト〜ニューヨークの幻」にもコミットしたという。

「プロデューサーに霊能者の話をさせていただいたことが下敷きになっているんです。ウーピー・ゴールドバーグが演じた霊媒師の役名は『オダ・メイ・ブラウン』。私に敬意を払い、『オダ』とつけてくれたそうです」

 だが金銭トラブルも多かった。02年に宗教法人乗っ取り容疑で逮捕されて猶予付き有罪判決を下されたほか、石川県内の豊星寺を巡る訴訟騒ぎなどがワイドショーを賑わせた。

「乗っ取り? いやいや、検察や裁判官との見解の相違。今でも無罪を確信しています」とキッパリ!

 芸能記者の中には、「有名税ですね。有象無象が金目当てに寄ってきて、人がいい織田さんは利用された」と同情の声もある。

「最後に一言。新型コロナの影響で、がん治療に有効とされる全国の湯治場まで閉鎖されています。お役人や政治家はなんでも一緒くたにせず、がん患者にも配慮してほしいものです」

(取材・文=高鍬真之)

関連記事(外部サイト)