グラドル椎名香奈江さん“男性恐怖症”だった高校時代と恋愛

グラドル椎名香奈江さん“男性恐怖症”だった高校時代と恋愛

椎名香奈江さん(C)フィット

【最低の恋愛 最高の恋愛】

椎名香奈江さん(グラビアアイドル・30歳)

 パイアートと題し、水着姿の胸元に自分で絵を描くグラドルの椎名香奈江さんは、高校時代からグラドルの今まで、サイテーとサイコーの男からいろいろと学んだ。30歳になって考える、付き合いたいタイプと勘弁してほしい年上を下ネタ含みで話してくれた……。

 ◇  ◇  ◇

 モテ期は高校の時だけありました。自分で言うのは恥ずかしいけど、入学してすぐ、「カワイイ子が入学した」と噂になり、教室の入り口と出口に私を見にきたらしい男子の人だかりができて。

 校内を歩くと話しかけられるし、トイレに入ると廊下からのぞかれ、私のメアドが広まり、顔も知らないたくさんの人からメールがきて。そんな経験ないから律義に返信してケータイ代がかかりました。2年になり、隣の席の男の子に「2ちゃんねるにスレッドが立ってるよ」と言われ、初めて知ったんですよ! だから他校にも知れ渡ってたみたいで。2ちゃんは怖くて見なかったけど(笑い)。

 ある男子の告白メールや教室の前での「お願いだから付き合って」が3カ月間続き、怖くて付き合うことにしたら帰り道で「塾に行かないで!」と泣かれて、すぐ別れました。そしたら「あの女、大したことねえ」と悪口を広められて。「好きじゃない人と押しに負けて付き合っちゃいけない」と勉強しました。

 そんな学生時代だから「この男の子もサイテー」「あの男もチャラい」と男性恐怖症。一人だけ女の子とまったく話さない男子がいて、私から好きになり、7年間も付き合ったんです。本当に一途な人でやさしかった。

 私が何をしても怒らないし、「どうしたら怒るだろう」と、ある日待ち合わせをすっぽかしてみたんです。連絡がきた時「熱が出た」と嘘を言っても、わざわざ家まで熱さまシートを持ってきてくれた。“大事にされてる感”がうれしかったけど、嘘だとはバラさなかった(笑い)。結婚したいくらいサイコー男でした。でも、グラビアを始めて会えなくなったら向こうは職場で女の子に言い寄られたらしく、フラれました(笑い)。「男は会えない彼女より会える女の方がいい」と学びました。


「俺のテクはハンパない」と指を動かす男に吐きそうに

 大人になってからイヤだったのは理詰めで話してくる人。ケンカして言い合いになった時、ちょっと鼻で笑って、「ほらね、女はすぐ感情的になるんだ」とか「女は泣けばすむと思ってる」と言う人。付き合ってない人でも「女は……」と論理的にくくってくる人はイヤでした。

 今、思うサイコー男は学歴とか収入とか、顔もそんなに気にしてなくて同じ時間を共有できる人。くだらない話でも一緒に盛り上がれる相手。それと、場の空気が読める人。酒席で楽しい空気をつくれるとか、盛り上げる時とわきまえる時がわかる人はステキ。気遣いと思いやりですね。

 困るのは飲み屋とかで話しかけられるのはいいけど、“俺がわからせてやる系”の上から目線の人。同じ人間として対等に会話したいのに「若い人はわかってないからこうでしょ、ああでしょ」とか言う。40代、50代だと急に世論を切り出したり、急に女を見下して「俺の時代はこうだった」が始まったりして、もう聞いてられません。偉そうにされ出すとこっちも年上を敬う気持ちがなくなっちゃう。紳士的なおじさまもいますけど。

 下ネタではテクニックをひけらかしてくる人もいる。「俺の指テクはマジですごい」とか。「聞いてないよ!」と思います。前に実際、「俺のテクはハンパない」と実演して指を動かす人がいて、吐きそうになりました(笑い)。

 会社だとセクハラになるけど、酒席だと身分を明かしてなければ関係ないから、酔ってオープンになりすぎて言ったりしちゃうのか? そういう節度のない人たちは「自分、イケてる」って思っちゃってるんですよ。本当にやめてほしい。

 私の周りには男運のない女の子が多く、女子会で女の子だけで集まるとサイテー男の話で盛り上がっちゃう。ネタは尽きないです!

(聞き手=松野大介)

?しいな・かなえ 1990年3月、東京都出身。2011年に芸能活動開始、アイドルユニットを経てグラビアアイドルに。昨年12月にイメージDVD「僕らの、しーなぱい」(エスデジタル)発売。

関連記事(外部サイト)