「百恵」の2文字が表紙にあれば女性誌バカ売れのジンクスも【記者稼業 血風録】

「百恵」の2文字が表紙にあれば女性誌バカ売れのジンクスも【記者稼業 血風録】

「赤いシリーズ」が始まった頃の山口百恵(C)共同通信社

【芸能記者稼業 血風録】#1

 山口百恵 編(1)

 ◇  ◇  ◇

 私の芸能記者生活で、もっとも長きにわたり取材に関わったのが山口百恵さん(61=以後、敬称略)だった。改めてその足跡をたどりながら、いかに芸能メディアが百恵と寄り添ってきたかをひもとく。

 1971年にスタートした初のオーディション番組「スター誕生!」(日本テレビ系)は森昌子を皮切りに桜田淳子、小泉今日子、中森明菜ら多くのアイドルを輩出した。なかでも山口百恵の出現は芸能界から出版界まで、さまざまな分野に影響をもたらした。

 72年、地区予選を勝ち抜き臨んだ本選。審査員の作詞家・阿久悠氏は「青春ドラマの妹役ならいいけど、歌手は諦めたほうがいい」と厳しい意見だったが、結果は準優勝。獲得に手を挙げた事務所は20社に上った。番組を立ち上げたプロデューサー・池田文雄氏は百恵の印象をこう話していた。

「(桜田)淳子が太陽のように明るくて健康的だったのとは対照的に、百恵は影がある子でアイドルらしさはなかった。逆に“なにか持っている”という雰囲気を感じたのかもしれません」

 抽選で獲得したホリプロの創設者・堀威夫氏に後のインタビューで舞台裏を聞いたことがある。

「すでに昌子と石川さゆりがいたので、百恵も入れて“ホリプロ3人娘”を結成しようという計画があったのですが、さゆりはソロで演歌路線に行くことになり断念した」

「どんな話でもいいからネタを探せ!」

 73年、百恵も「としごろ」でソロデビューするが、思いのほか伸びず、すぐさま方向転換――。

〈女の子の一番、大切なものをあげるわ〉という性を連想させる歌詞を盛り込んだ「ひと夏の経験」が大ヒットした。純朴そうな少女が表情を変えることなく淡々と歌う姿がファンを魅了。「青い性」路線で百恵は一躍スターへと駆け上っていった。

 謎めいた少女? 関心は百恵のルーツに向けられた。出身は基地の街・横須賀。父はいない。母と妹の3人暮らし。決して裕福ではなかったが、同級生からは「とても真面目でおとなしい子」という印象が多く聞かれた。そんな話と共に子供時代の写真を掲載すると世間の関心を呼び、女性誌は売れた。

 ちなみにスターの「発掘写真」は百恵がきっかけで、週刊誌の名物企画になっていた。時には高校時代のヤンキー写真を発掘することもあり、波紋を呼ぶこともあった。

 百恵が女性誌界に与えた影響力はそれ以外にもある。購買動機につながる女性誌の表紙には芸能から実用記事まで売り物のタイトルが入る。そこに「百恵」の文字が入れば、雑誌は売れるというジンクスが生まれていた。

 編集長も「どんな話でもいいから百恵ネタを探せ」と各誌が競うようになった。なかには、百恵の家から出されたゴミの写真を撮って掲載するゲリラ誌まであった。それは百恵人気による女性誌バブルの始まりだった。 =つづく

(二田一比古/ジャーナリスト)

関連記事(外部サイト)