親から勘当状態…NHK近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

NHK『あさイチ』MCの近江友里恵アナが年の差婚 プライベートは番組起用影響なしか

記事まとめ

  • NHK『あさイチ』でMCを務める近江友里恵アナが昨年5月に入籍していたことが発覚
  • 相手はNHKで仙台放送局に勤務する15歳年上のプロデューサーで別居婚状態だという
  • 夫は週刊新潮の直撃に「相手の親御さんにも、まだお会いできていません」と答えた

親から勘当状態…NHK近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

親から勘当状態…NHK近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

実は結婚していた近江友里恵アナ(C)日刊ゲンダイ

NHKの“朝の顔”「あさイチ」でMCを務める近江友里恵アナ(31)が昨年5月に入籍していたことが発覚した。

「週刊新潮」によれば、お相手は、同じくNHKで仙台放送局に勤務する15歳年上のプロデューサー。近江が福岡放送局時代に知り合い、交際が始まったという。その後、男性は東京の本局勤務となり、後を追うように2016年に近江アナも東京へ、そして「ブラタモリ」のアシスタントに抜擢。しかし19年6月からは、男性が仙台放送局に異動となったため、現在は、都内一等地に新築した一軒家には住まずに「別居婚」状態だという。

 近江アナといえば、早稲田大学卒業後、12年入局の9年目。「あさイチ」で博多華丸・大吉相手に見せる柔らかい雰囲気が好評だ。女子アナ評論家の松本京也氏はこう話す。

「NHKの若手アナの中では1番人気だと思います。浮ついたところがなく、控えめなので“アイドルアナ”という感じではありませんが、中高年のオジさん視聴者は自分の娘のような感じで見ていたと思います。『ブラタモリ』での雰囲気もそんな感じでしたね。当然、独身と思われていたのでガッカリした人は多いでしょう」

 しかしながら、スッキリしないのは、仙台で単身赴任を続ける夫に後輩の女性ディレクターと「不適切な関係」が疑われる言動があることだ。夫はこの女性と2人っきりで会議室にこもっていたり、仙台市内で一緒にいることが目撃されているという。

「新潮」は週末の夜、その女性と焼き肉店にいた夫を直撃しているが、夫は不倫を完全否定。人間関係のトラブルを抱え体調を崩している女性を勤務管理者という立場でケアしているだけだというのだが……。

■直撃取材に「まだお会いできていません」

 しかし妻が近江アナだということは今月までその女性には伏せていたらしく、「新潮」がその理由を問うと「その事情は申し上げにくいのですが、私がいまだ近江家に認めていただけていないからです。相手の親御さんにも、まだお会いできていません。理由として思い当たるところは“年齢差”なのかなとは思いますが……」などと答えているのだ。

「『ブラタモリ』から『あさイチ』へと局は近江アナに大いに期待しているのがうかがえます。いずれニュースのメインとなったり、紅白の司会さえも視野に入ってくる逸材だと思います。フジの谷岡慎一アナと1年でスピード離婚した桑子真帆アナの例もあり、NHKは民放に比べると未婚・既婚などのプライベートは番組起用に影響しないほうです。“年の差婚”でも別に構わないのですが、両親に認められていないなど、なにか釈然としない感じですね」(前出の松本氏)

 親の心子知らずなのか……。

関連記事(外部サイト)