ステイホームで女子アナブーム再燃 弘中綾香を筆頭に“第7世代”が大躍進

緊急事態宣言下で女子アナブームが再燃 テレビ朝日の弘中綾香アナの人気がうなぎ上り

記事まとめ

  • 緊急事態宣言下で再燃した女子アナブームに、テレビ朝日がいち早く目をつけたという
  • 今や若手アナは芸人に負けず劣らず“女子アナ第7世代”といってもいい人気ぶりのよう
  • テレ朝の弘中綾香アナは、水卜麻美アナとは全く違う魅力があるのだとか

ステイホームで女子アナブーム再燃 弘中綾香を筆頭に“第7世代”が大躍進

ステイホームで女子アナブーム再燃 弘中綾香を筆頭に“第7世代”が大躍進

弘中綾香アナ(YouTube「動画、はじめてみました」から)

目下、民放キー局のプロデューサーやディレクターらをうならせているのがテレビ朝日女子アナのプロモーション力だ。緊急事態宣言下で再燃した女子アナブームにいち早く目をつけたのだという。

「コロナ禍でネットやスマホに飽きた視聴者が、情報&報道番組を視聴するようになったんです。それらの番組は基本、女子アナです。10年以上前にもブームが起こりましたが、いまや若手アナは芸人に負けず劣らず“女子アナ第7世代”といってもいい人気ぶりです」(制作関係者)

 そうした状況下、テレビ関係者や女子アナファンらの注目を集めているのが、テレ朝が配信するYouTubeコンテンツ「動画、はじめてみました」の“女子アナ○○部”だ。将来を有望視される若手ディレクター監修のもと、テレ朝の女子アナがYouTuberとして出演しているのだ。

「好き勝手に自分が興味あるテーマで番組を作っている。例えば、林美沙希アナ(30)がプロ雀士を本気で目指す『徹マン。林』。他にも、田中萌アナ(28)が欅坂46の『不協和音』のフルダンスにチャレンジする『女子アナダンス部』などが配信されています」(前出の制作関係者)

■トップランナーはテレ朝・弘中アナ

 この「女子アナ○○部」のなかで断トツの人気を誇っているのが、弘中綾香アナ(29)と林美桜アナ(26)のふたりが美ボディーを目指してエクササイズに挑戦する「弘中美活部」。

「テレビでは見られないお宝シーンが満載です。毎回、ブラが見えそうなヨレヨレのTシャツにスパッツ姿でトレーニングに挑戦する。美尻トレーニングの回では股を全開にし、四つん這いになっていた。さらに厳しいトレーニングで『ハァハァ』と喘ぎ、最後は『もうだめ〜』とか言って体勢を崩してしまう。もうあらぬ妄想のオンパレードです(笑い)。実際に再生回数は55万回超えで、100万回超えは確実ですよ」(制作会社プロデューサー)

 テレ朝はあまりの人気ぶりに驚いたのと同時に地上波深夜帯での放送に踏み切った。

「これまでになかった新鮮さにネット民も歓喜したようです。当然ですがこの番組に釣られ、テレ朝の深夜帯にこれまでなかった視聴者層が出現し、個人&世帯視聴率を上昇させています」(前出の制作関係者)

「弘中美活部」の注目度と比例し弘中アナの人気もうなぎ上りだという。

「好きな女子アナランキングでもトップに輝いた弘中アナに芸能界も注目している。いずれフリー転身話が浮上する。かつて人気女子アナとして一時代を築いた日テレの水卜麻美アナとは全く違う魅力が彼女にはあります。きっと大化けしますよ」(事情通)

 タレントではなく会社員だから制作費削減にも一役。女子アナ再ブームの風が六本木から吹き始めた。

関連記事(外部サイト)