高視聴率を連発 コロナ禍中でヒロミの好感度が高まるワケ

高視聴率を連発 コロナ禍中でヒロミの好感度が高まるワケ

ヒロミ(C)日刊ゲンダイ

お笑いタレント、ヒロミ(55)の評価がうなぎ上りらしい。

 11日放送の「有吉ゼミ2時間SP」(日本テレビ系)、15日放送の「中居正広のキンスマスペシャル」(TBS系)と、ヒロミ絡みの番組が立て続けに高視聴率をマークしたからだ。

「有吉ゼミ」では〈棟梁ヒロミ匠の技「八王子リフォーム」ベスト3大公開〉、「キンスマ」では〈ヒロミがテレビから消えていた10年間の真相〉を放送し、それぞれ16・0%、17・3%だった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

「ステイホームでテレビ回帰、それに特番と、数字を稼ぐ条件は整っているんですが、いずれも同じ週の『世界の果てまでイッテQ!』(17日放送、15・4%)を超えている。今のヒロミさんは確実に数字を持っていると考えていいでしょう」(テレビ誌ライター)

 確かに、なかなかの数字じゃないか。

「私もヒロミさんがコメンテーターなどで出ていると、つい見入ってしまうんですよね。ここ数年、どんどん好感度が高まっています」と、芸能ライターのエリザベス松本氏がこう続ける。

「かつてのヤンチャな面が薄まって、最近はしゃべり方も優しくなってきた。男女問わずに意地悪なことを言ったりもするんですが、以前と違ってきちんとフォローもするから、嫌みがない。ママ(妻の松本伊代)の失敗談で笑いを取りつつも、得意のリフォームもそうですが、ママが生活の中心という家庭円満な感じも伝わってくる。コロナ禍でギスギスしがちですが、安心して見ていられるんですよね」

 結婚相談所「エン婚活エージェント」の「新型コロナウイルスの影響によるパートナーシップの変化」に関する調査(12日発表)によると、パートナーとの関係性が「変わらない」と回答した人は59・9%、「すごく良くなった」「良くなった」は31・5%。

 一方、「すごく悪くなった」「悪くなった」は8・6%。

 良くなった理由のベスト3は「一緒にいる時間が増えたから」「一緒に食事をする回数が増えたから」「会話が増えたから」。

“コロナ離婚”も話題になったが、やはりコロナ禍でパートナーや家族のありがたみを改めて実感した人も少なくないようだ。

「そういう状況だからこそ、家族に対する愛情がにじみ出ているヒロミさんは、特に主婦層などから『いいなあ』って支持されるのでしょう。それに体も鍛えてスッキリしているので、スーツ姿も様になっていますよね」(エリザベス松本氏)

 まるでダンディーなオジサマみたいだ。

関連記事(外部サイト)