ベスト10に6冊の快挙…乃木坂46写真集がバカ売れするワケ

ベスト10に6冊の快挙…乃木坂46写真集がバカ売れするワケ

ベスト10にズラリ

出版界が出版不況にコロナ禍のダブルパンチに見舞われる中、乃木坂46の写真集が売れ続けている。5月25日付の オリコン週間写真集ランキング」(5月11〜17日)によれば、1位は「深田恭子写真集 Brand new me」(集英社)、2位は「田中みな実1st写真集『Sincerely yours…』」(宝島社)に譲ったものの、トップ10のうち、6冊を乃木坂46関連の写真集が占める盛況ぶりだ。

 その内訳は以下の通り。3位「白石麻衣写真集 パスポート」(講談社)、4位「与田祐希2nd写真集 無口な時間」(光文社)、5位「秋元真夏2nd写真集『しあわせにしたい』」(竹書房)、8位「乃木坂46写真集 乃木撮 vol.02」(講談社)、9位「山下美月1st 写真集『忘れられない人』」(小学館)、10位「生田絵梨花写真集 インターミッション」(講談社)。

 特に白石麻衣の「パスポート」は、2017年2月発売からすでに3年が経っているが30回以上の増刷を続け、累計発行部数は50万部を突破。異例のロングセラーとなっている。白石は今月、グループからの「卒業公演」を行う予定だったが、コロナの影響で卒業は延期。同写真集の“卒業記念限定カバーバージョン”を発売したところ、再びランキングが上昇した。

 乃木坂関連の写真集が圧倒的な強さを見せる理由は何か。「日経エンタテインメント!」誌上で「タレントパワーランキング」の執筆なども手がける美少女評論家の高倉文紀氏は、「グループとして旬で、メンバーの個性が際立っていてそれぞれレベルが高いことは大前提」とした上でこう語る。

「単に著名なカメラマンや写真集慣れした編集者が主導して作っていくのではなく、プロデュースの段階から本人も参加し、自らが主導しながら、自分の強みや魅力を表現できていることが理由のひとつだと思います。ただし、それはひとりでできるものではない。背景には、女性ファッション誌でモデルをやったり、女優として活躍していたりするメンバーも多いので、スタッフとの“協力体制”がよく築けていることがあるはず」

 もちろん、ファッション誌でモデルを務めることによる「女性人気の高さ」もあるという。さらに高倉氏は販売戦略の巧みさも指摘する。

「SNSをうまく活用していますね。もともと乃木坂メンバーはツイッターをやっているメンバーは少なかったのですが、写真集の専門アカウントを作り、発売前も発売後も、そこにメーキング写真やアザーカット、特典映像などの情報を出し続けるんです。そこをメディア化することでファンの心に響くし、ファン以外にも情報が波及し続ける仕組みです」

 スタッフとの信頼関係をベースにした「自己プロデュース能力」と巧みな販売戦略。乃木坂写真集の快進撃はしばらく続きそうだ。 

関連記事(外部サイト)