渡部建の代理で児嶋一哉が謝罪…愛憎相半ばする「アンジャッシュ」2人の“本当の仲”

渡部建の代理で児嶋一哉が謝罪…愛憎相半ばする「アンジャッシュ」2人の“本当の仲”

アンジャッシュの児嶋一哉と渡部建(C)日刊ゲンダイ

アンジャッシュの渡部建(47)が週刊文春で“トイレ不倫”を報じられてから1週間。「出演自粛」という名の雲隠れを続ける渡部とは対照的に、代理出演したラジオ番組で謝罪した相方の児嶋一哉(47)に同情の声が集まっている。

 児嶋は先週12日放送の「GOLD RUSH」(J―WAVE)に渡部の代役として出演。冒頭11分間にわたり、涙ながらに相方の不祥事をわびた。

「テングだったんですよね。自分で勘違いしてたんですよ。本当に、人の痛みとか思いやりとか優しさとか愛がないんですよ。だからこういうことになるんですよ」と語り「うちの相方がご迷惑をかけて申し訳ございませんでした」と謝罪した。

 さらに「渡部は自分より売れているので、立場的に叱ったりしづらいことがあった」として、2人は決して仲が良くなかったことも打ち明けた。

「普段はイジられキャラの児嶋さんが、当人が表舞台に出てこない中で謝罪したのは大変なこと」だと、お笑い評論家のラリー遠田氏はこう話す。

「コンビとして社会的な責任を果たしたいという気持ちと『アンジャッシュ』の看板を守りたいという気持ちがあったと思います。もともと高校の同級生だった渡部をお笑いの道に誘ったのは児嶋の方だけに、責任を感じていたのかもしれません」

 いわゆるコンビの“相方”は、不祥事を起こした部下への監督責任を問われて謝罪する「上司・部下」の関係でもなければ、まったく対等な仕事上のパートナーというわけでもないとラリー氏。当然、渡部と児嶋のように、ピンの活動での“格差”が不仲を引き起こすこともある。

「『コンビ愛』という言われ方もされますが、児嶋には、一言で言い表せない相方への愛憎相半ばする複雑な思いがあったと思います。最近では、女性蔑視の失言をした岡村(隆史)に対し、積年の思いや不満を含めてラジオ番組で『公開説教』したナイナイの矢部(浩之)が印象的です。岡村の数々の問題行動を挙げることで、なぜ彼が失言に至ったのかを世間に釈明した。2人も常に仲が良かったわけではないようですが、これ以上ないフォローになっていた」

■雨上がり蛍原は宮迫問題に「ノーコメント」

 さらにラリー氏は「相方のスキャンダル対応に2人の関係が如実に表れる」という。

「2006年に相方の山本(圭壱)が不祥事を起こした際、自身が出演する情報番組で今回の児嶋と同じく涙ながらに謝罪した極楽とんぼの加藤浩次は、今回の児嶋の行動に対し、『渡部への愛を感じる』と話しています。一方、昨年夏の吉本興業の“闇営業問題”をめぐり、いまだ復帰のメドが立たない宮迫(博之)に対して、ノーコメントを貫いている雨上がり決死隊の蛍原(徹)を見ると、2人は割り切った関係だったことを思わせます。今や『アメトーーク!』は完全に蛍原だけで安定しているし、蛍原はある番組で、宮迫のユーチューブへの出演を後輩芸人に聞かれ『ないね!』とクールに言い切っていたのも印象的でした」

 渡部は児嶋に謝罪の連絡をしたと報じられているが、渡部自らが、謝罪会見をするなり、何らかの“落とし前”をつけない限り、コンビの行く末はお先真っ暗というほかない。

関連記事(外部サイト)