多部未華子「ナギサさん」vs篠原涼子「ハケン」…働く女子に刺さるのはどっち?

多部未華子「ナギサさん」vs篠原涼子「ハケン」…働く女子に刺さるのはどっち?

多部未華子(左)と篠原涼子(C)日刊ゲンダイ

多部未華子(31)主演の連ドラ「私の家政夫ナギサさん」(TBS=火曜夜10時)が3カ月近く遅れて7月7日にスタート。世帯視聴率は14.2%と、好発進を見せた(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 この数字は、篠原涼子(46)主演の「ハケンの品格」(日本テレビ=水曜夜10時)の初回(6月17日放送)と同じだ。

「『ハケン』は2007年の放送時、平均20%超え。13年ぶりの続編で14.2%は、イマドキの視聴環境を考えたら、上出来といえます。だからこそ、同じ数字を出した『ナギサさん』は“金星”に等しい」(広告代理店関係者)

「ハケン」は07年放送の高視聴率を支えた層からの支持が加わっているぶん、有利。それと同じ数字を叩き出した「ナギサさん」は大成功ということか。

 その多部は、昨年7月期に主演した「これは経費で落ちません!」(NHK総合)でも“働く女子”の共感を獲得し、「30代になって可愛さを増した」(スポーツ紙芸能担当デスク)なんて評判だ。

「6月30日に放送された『逃げ恥』の特別編のラストに流れた“恋ダンス”に多部が登場して番宣をしたのも、ガッキーからのいいリレーで、ネット上で大評判になりました。『逃げ恥』ファンの数字もうまく加算されたのではないでしょうか」(前出のスポーツ紙芸能担当デスク)

 ただ、テレビコラムニストの亀井徳明氏は「本当の勝負は2話以降です」と、こう続ける。

「2話目は大体2〜3%前後、視聴率が落ちるといわれますが、3話終了時点でどんな数字を示すのか。強烈なヒロインが活躍する『ハケン』と、あれこれ問題を抱えながらも“私、頑張ってる”ヒロインの『ナギサさん』。この2つのドラマの数字の動向は、今後の働く女子をターゲットにするドラマの在り方に影響を及ぼす可能性があるので、注目しています」

「ハケン」は2話目で11.9%と数字を落としたものの、3話は横ばい、4話では12.7%と盛り返した。

「この動きこそ、中高年層が中心の世帯視聴率に訴求する『ハケン』の底力です。ネット上ではいろいろネガティブな意見を受けながらも、“ベタな直球勝負”で結果を出している。片や『ナギサさん』は、初回を見る限り“仕事は頑張ってるけど、それで精いっぱいで私生活は雑”“丸投げな上司”“頼りない部下”“毒親っぽい母”など、多くの働き女子が現実に抱える問題をデフォルメしつつ、家政夫のナギサさんやライバルの存在がどうなっていくのかなど、気にすべき要素が多い。それらをバランスよく表現できれば“最大公約数的”な共感を得られるでしょうが、こと世帯視聴率に限っていえば、このあれこれ“散りばめ感”は、作品そのものの評価は別にして、数字上は不利かもしれませんね」(亀井徳明氏)

 視聴者にとってみれば、たまたま見て面白ければ見続けるし、そうでなければ見ない。

「それでいいと思うんですけどね。ちょっと表現が昭和かもしれませんが、『ハケン』は頑固職人が作るバニラアイスで、『ナギサさん』はトッピングの多彩さを売りにしたプリン・ア・ラ・モードってところ。どっちが好みか、でしょう」(亀井氏)

 今後の数字に注目だ。

関連記事(外部サイト)