TOKIO長瀬智也の脱退で日テレ激震「ザ!鉄腕!DASH??」に延命リニューアル案

TOKIO長瀬智也の退所で日本テレビに激震? 『ザ!鉄腕!DASH!』にリニューアル案も

記事まとめ

  • TOKIOの長瀬智也が、来年3月末でジャニーズ事務所からの退所を発表した
  • 日本テレビの『ザ!鉄腕!DASH!』は3月以降も継続するが、リニューアル案も出ているとか
  • ジャニーズの若手グループからシャッフルして番組構成を組み立てる案もあるそう

TOKIO長瀬智也の脱退で日テレ激震「ザ!鉄腕!DASH??」に延命リニューアル案

TOKIO長瀬智也の脱退で日テレ激震「ザ!鉄腕!DASH??」に延命リニューアル案

ジャニーズ事務所(C)日刊ゲンダイ

日本テレビが再び大激震に見舞われている。同局でレギュラー番組を抱えていた元SMAPの中居正広(47)、元NEWSの手越祐也(32)に続き、今度は結成25周年を迎えた「TOKIO」の長瀬智也(41)が、来年3月末でジャニーズ事務所からの退所を発表した。加えて、メンバーの城島茂(49)、国分太一(45)、松岡昌宏(43)の3人はジャニーズ事務所の関連会社「株式会社TOKIO」の設立を発表。最終的には社内独立することになるという。

■日テレは大ショック

 気になるのは常に視聴率15%前後をキープし続けてきた「ザ!鉄腕!DASH!!」の行方だ。

「現在までのところ、番組は来年3月以降も継続は決まっている。しかし、その中身については何も決まっていない。全て白紙です」と証言するのは日テレ関係者だ。現在、急浮上しているのが「鉄腕DASH」のリニューアル案。出演メンバーを入れ替えて、番組の延命を図るという。

 番組の要と言っても過言ではない「DASH島」企画は継続の方針だが、問題はメンバー。すでに中年の域に差し掛かっている城島、国分、松岡らを体力勝負の企画にチャレンジさせるのは忍びないといわれており、「TOKIO」メンバープラス、ジャニーズ事務所内の若手グループからシャッフルして番組構成を組み立てる案も浮上しているという。

「“SixTONES”の森本慎太郎(23)が出演し高視聴率を取ったんです。しかし、日テレや事務所内から出ているのは一度、若手だけでチャレンジさせる案です。TOKIOの3人が番組に残ると大先輩対若手の構図が生まれ展開が想像できてしまう」(芸能プロ関係者)

 さらにTOKIOメンバーは、長瀬の独立を機に、いずれは番組からも卒業することが運命づけられてしまっているという。気になるのは今後の長瀬と残る3人の動向だ。

「長瀬は俳優を軸に映画監督やファッションデザイナーなどやりたいことがたくさんあるようだが、これといったビジネスパートナーがいるわけではありません。半ば、行きあたりばったり的な感覚で独立する感じですね。まあ、長瀬のノープランは今に始まったことではない。長瀬らしいですね」(芸能関係者)

 今後、TOKIOとして残る3人だが「株式会社TOKIO」を軸足に実業家として活動を続けていくという。

「『鉄腕DASH』の遺産である福島県で農業をプロデュースしていくそうです。他にも地方の観光特産物のPRやコンサルティングなどにも手を広げていく。刑事事件でグループを追われた山口達也も社員として雇用する方針だそうです。あとは日テレの『24時間テレビ』を舞台にして慈善事業にも協力していくようです」(芸能プロ関係者)

 長瀬の独立騒動が落ち着くまでにはまだ時間がかかりそうだ。

関連記事(外部サイト)