乃木坂46×小室哲哉「Route 246」に賛否 秋元康が描くシタタカ戦略

小室哲哉氏が手掛けた乃木坂46新曲「Route 246」に賛否 秋元康氏の戦略とも

記事まとめ

  • 小室哲哉氏が手掛けた乃木坂46の新曲「Route 246」が7月24日に配信リリース
  • 齋藤飛鳥は「小室さんの曲が好き」と明かしており若いファンにも一定の支持を得ている
  • 一方では“乃木坂46×小室哲哉”の組み合わせに違和感を抱いているような感想

乃木坂46×小室哲哉「Route 246」に賛否 秋元康が描くシタタカ戦略

乃木坂46×小室哲哉「Route 246」に賛否 秋元康が描くシタタカ戦略

小室哲哉(左)と新曲でセンターを務める乃木坂46の齋藤飛鳥(C)日刊ゲンダイ

2018年1月に引退を表明した音楽プロデューサーの小室哲哉(61)が手掛けた新曲「Route 246」が賛否を巻き起こしている。乃木坂46の新曲として7月24日に配信リリースされ、告知用のYouTubeはすでに130万回近い再生数を記録した。4分弱からなる「Route 246」はイントロの電子音に始まり往年のglobeを彷彿とさせる。

 この“TKサウンド”は令和を生きる若者には「新鮮」に聴こえるようだ。投稿サイトには〈乃木坂はかわいい振り付けと可愛い歌よりもこういうカッコいいダンス曲の方がいい〉〈小室さん知らないけどすごく耳に残る音楽〉というコメントが寄せられた。今回、同曲のセンターを務める齋藤飛鳥(21)は「小室さんの曲が好きなんです」と明かしており、小室の全盛期をリアルで知らない若いファンにも“TKサウンド”が一定の支持を得ていることが分かる。

 むしろ、今回の新曲に複雑な心境を抱いているのは、乃木坂46が好きで、90年代の“TKブーム”をよく知るアラフォー世代のようだ。〈懐かしい〉という好意的な意見がある一方、〈小室哲哉が一人でやれよ〉〈Feel Like danceっぽい曲〉〈乃木坂の曲と言われると「?」が浮かんでしまう〉などと“乃木坂46×小室哲哉”の組み合わせに違和感を抱いているような感想も目立つ。

■イメージが釣り合わない

 このギャップは何なのか。プロアイドルヲタクでライターのブレーメン大島氏がこう語る。

「TKサウンドを知らない世代が、今回の楽曲を『斬新』と思うのはある意味自然だと思います。否定的な意見が出るのは清楚でクリーンな乃木坂46と小室さんのイメージが結びつかないからでしょう。小室さんは08年に音楽著作権の譲渡をめぐる詐欺容疑で逮捕され、18年の引退宣言のきっかけとなったのは看護師との不倫疑惑報道の釈明会見でした。乃木坂46が汚されるとまでは言いませんが、不釣り合いな印象は否めず、『できればコラボは避けて欲しかった』と思っている男性ファンも少なくないと思います。恐らく今回の新曲の作詞を手掛けた総合プロデューサーの秋元康さんは、激しい賛否が巻き起こることを見越して小室さんに作曲・編曲を依頼したのだと思います。いつものことですが、したたかな戦略性を感じます」

 歌詞にたくさん「wow」が出てくる今回の新曲。過去の人になりかけていた小室を担ぎ出した秋元の狙いはどこまで当たるか。

関連記事(外部サイト)