10代にして演技に深み 山田杏奈が醸し出す知的な存在感【あのコは誰? 噂のCM美女大解剖】

スズキ「スイフト」のCMに出演中の19歳山田杏奈 深みのある演技に注目

記事まとめ

  • スズキ「スイフト」のCMに19歳の山田杏奈が起用、若い層にアピールしたいという狙いも
  • 山田は早くから演技力の高さが評価され18年公開の「ミスミソウ」で映画初主演を果たす
  • 演技に深みがある女優としては多部未華子、黒木華、杉咲花らも挙げられる

10代にして演技に深み 山田杏奈が醸し出す知的な存在感【あのコは誰? 噂のCM美女大解剖】

10代にして演技に深み 山田杏奈が醸し出す知的な存在感【あのコは誰? 噂のCM美女大解剖】

山田杏奈(C)日刊ゲンダイ

【あのコは誰? 噂のCM美女大解剖】#4

 山田杏奈(19)=スズキ「スイフト」

  ◇  ◇  ◇

 スズキ「スイフト」のCMに出演中の山田杏奈。最新バージョンの「二人の会話」編ではカフェでスイフトの魅力を語った後、海辺の道を走る車の運転席で笑顔を見せる。自動車のCMに19歳の女優を起用するというのは珍しい気がするが、車離れをしているといわれる若い層にアピールしたいという狙いを感じる。

 山田杏奈は2001年1月8日生まれ、埼玉県出身。11年に芸能界入り。早くから演技力の高さが評価され、18年公開の「ミスミソウ」で映画初主演を果たしたのに続き、同年夏には「幸色のワンルーム」(ABC系)で当時17歳にして連ドラ初主演。昨年、「新米姉妹のふたりごはん」(テレビ東京系)で大友花恋とダブル主演。今秋には、岡崎京子の同名漫画を映画化した「ジオラマボーイ・パノラマガール」で主演する。

 映画やドラマでの彼女の演技を見ていると、深い味わいがあって、サイホンで入れるコーヒーのような香りを感じる。同じようにコーヒーの深い香りを演技に感じさせる女優としては多部未華子、黒木華、杉咲花らが挙げられるが、10代にしてその領域に達している山田は注目に値する。

 ……というような印象を山田杏奈の演技に持っていたが、昨年、雑誌「日経エンタテインメント!」の取材で彼女に初めてインタビューして、彼女自身もプライベートでよくカフェに行ってコーヒーをブラックで飲むのが好きだという事実を知った。

 女優としては元気で明るい役柄を演じることも多いが、素顔の彼女は落ち着いていて、大人っぽい。取材では、言葉を慎重に選びながら丁寧に答えてくれて、知的な魅力を感じた。

 彼女は幼稚園に通っていた頃には図書館に行って好きな本を10冊借りて、あっという間に読んでしまう子供だったという。小さい頃からの読書習慣とさまざまな事柄に対する好奇心が、知的な存在感と演技の深みにつながっている。

 小さな喫茶店の片隅で、コーヒーを飲みながら文庫本を読んでいる彼女を想像すると、ハマり過ぎなくらいに、その風景が目に浮かんできそうだ。彼女は、そういうふうに情景の中にたたずむと絵になる存在感を持っている。ゆえに、映画やCMのクリエーターの創作意欲をかきたてる女優だ。

 ある映画プロデューサーによると、映画監督との話の中にも彼女の名前がよく出てくるという。女優・山田杏奈がどんな物語を描いていくのか、彼女の未来がとても楽しみだ。(つづく)

(高倉文紀/美少女・女優評論家)

関連記事(外部サイト)