有罪判決で活動休止…槇原敬之被告「巣ごもり生活」の悩みの種

有罪判決で活動休止…槇原敬之被告「巣ごもり生活」の悩みの種

槇原敬之被告には懲役2年、執行猶予3年の有罪判決が(C)日刊ゲンダイ

〈本日の裁判の結果を真摯に受け止め、当面の間、今後に予定しておりました活動を休止させていただきたいと思います〉

 覚醒剤取締法違反(所持)などの罪で、3日、懲役2年、執行猶予3年の有罪判決が下った歌手の槇原敬之被告(51)は、公式サイトにそんな“謝罪コメント”を出したが、「どっちみち新型コロナ禍で、ライブなどの活動は休止せざるを得ない状況ですからねえ」(音楽業界関係者)なんて冷ややかな声も。

 槇原は公式サイトに、〈(活動休止の間は)常に罪を償う思いを持ち、今後、皆様のご信頼を一日でも早く取り戻せるよう、日々懸命に努力をする所存でございます〉ともつづっていた。

「コロナで裁判が延期され、世間の関心も薄れつつあるし、新しいパートナーができたなんて話もある。活動を休止したからといってお金に困るわけでもありません。(東京都)渋谷区にある自宅も豪邸ですからねえ。コロナが収束するまで活動休止と称して“巣ごもり生活”を送っても、別に息も詰まらないでしょう。まあ、ひとつ悩みがあるとしたら、しばらく好物のとんかつが食べにくくなるってことでしょうか。槇原さんは愛犬の散歩がてら、近所のとんかつ屋に食べに行くのを楽しみにしているそうですから」(芸能プロ関係者)

 さすが大物ミュージシャン、悠々自適の活動休止だ。

関連記事(外部サイト)