片岡愛之助がモデル美女と「エロLINE」報道 ハニートラップを見抜いていた

片岡愛之助がモデル美女と「エロLINE」報道 ハニートラップを見抜いていた

海千山千(C)日刊ゲンダイ

「ずいぶんとおイタしてるんじゃないの〜」

 目下、大ヒット中のドラマ「半沢直樹」(TBS系)で、オネエキャラの金融庁検査官・黒崎駿一を演じて話題の歌舞伎役者の片岡愛之助(48)が、過去の“おイタ”を暴露されている。

「FLASH」が報じるもので、歌舞伎ファンだったモデルのA子さん(28)が、2016年10月に楽屋を訪問した際にアドレス交換したLINEのその後のやりとりを公開しているのだ。

 記事によれば、LINEでの交流を始めて1カ月が過ぎたころ、酔ってセクシーな写真を送ったところ、愛之助が食いついてきたという。エロい写真に対して「他のも送って〜」「最高は何Pなの?」といったエロトークをたびたびしていたようだ。 

 A子さんは、歌舞伎座の近くのホテルに宿泊したこともあり、愛之助にその部屋番号も聞かれたが、彼は部屋に現れることはなく、最後まで肉体関係はなかったという。

 その後、18年3月にはA子さんからLINEのメッセージを送っても既読が付かなくなり、愛之助との連絡は一方的に絶たれたという。スポーツ紙芸能担当記者は語る。

「記事に掲載されたLINEの文面を見ると、エロい写真を送った後で、“今度お会いした時にお試しあれ?”とか“可愛い下着つけて待ってますね?”とか、女性のほうが積極的で、愛之助がそれをかわしている様子もうかがえます。週刊誌を警戒して、『アト、ハニートラップ山盛りやで、引っかかるわけないのにね、因みにこのラインも覗かれてるよ(原文ママ)』と返したり、自身のキャラクターのLINEスタンプを使って、女性からのアプローチを笑いで落としたりしていますよね」

 当時、藤原紀香(49)とは新婚ホヤホヤ。その前の熊切あさ美(40)との破局のゴタゴタもあった愛之助にとって、「面倒な女はゴメン」という心境だったか。当代一のモテ男だけに、浮いた話の一つや二つあってもおかしくないが、記事では「その女性については、愛之助本人も『脇が甘かった』と反省し、毅然と連絡を絶った」という歌舞伎関係者のコメントも掲載している。芸能ジャーナリストの城下尊之氏はこう語る。

■ファンサービスの延長

「女性は急に連絡が取れなくなったことが残念と言っているようですが、今、愛之助さんが話題なのでそれに乗じて過去のやりとりを出したということでしょう。歌舞伎役者は男女関係があちこちにあっても治外法権とされた古い時代もありましたが、今は何かあれば、大きなスキャンダルになってしまう。知り合いの社長さんに紹介された人なので、ムゲにもできずにLINE上で付き合っていたけれど、それ以上の関係は避けたといったところでしょうか。愛之助さんの判断は賢明だったと思います」

 ファンサービスの一環のつもりだったLINEのトーク履歴を暴露された愛之助にとっては、黒崎検査官よろしく「おだまりッ!」と言いたい気持ちだろう。

関連記事(外部サイト)