チュート徳井は“代替可能な人”…冴えない地上波復帰で露呈し「しゃべくり」復帰も困難に

チュート徳井は“代替可能な人”…冴えない地上波復帰で露呈し「しゃべくり」復帰も困難に

話題にならず(C)日刊ゲンダイ

昨年10月に東京国税局に約1億2000万円の申告漏れを指摘され芸能活動を自粛していた、チュートリアルの徳井義実(45)が先月26日「東野・岡村の旅猿17」(日本テレビ系)で、地上波復帰したが“話題にならなすぎ”てザワついている。

 同番組は、3回連続で放映予定だが、「初回で話題にならないくらいだから、視聴率は回を追うごとにダダ下がり。再編集してあと1回にするか、なんて話も浮上しています」(テレビ制作)という。また発売中の「フライデー」では、かねて交際中の彼女で、ドラマ「逃げ恥」の挿入歌で人気のチャラン・ポ・ランタンのもも(27)と買い物デート姿をスクープされたが、こちらも話題にならず。今田耕司(54)の「アローン会卒業するんちゃうかな」の発言で辛うじて話題になった程度。発売中の「週刊女性」によると、日本テレビは「旅猿」の反応を見て、レギュラーだった「しゃべくり007」に出演させる算段だったというが、芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「謝罪の場がないのが一番のネック。巨額の申告漏れは心証が悪いうえに、ネット社会ではずっと残るし、視聴者はずっと覚えている。批判の的になるのを逃げようとすればするほど、共演者も徳井さんの扱いに困る」

■代替がきくタレント

 すでに「しゃべくり007」も「今夜くらべてみました」も徳井ナシで問題なく回っており「結局、徳井って代替のきく程度の存在だったのだと気づかせてしまった。アンジャッシュ渡部も同じともっぱらです」(テレビ局関係者)という。

「月日が経つと代替わりが生じ、通常化されてしまう。特に好感度の高いイケメンタイプ、イジる側のキャラクターはいったん“キャラ崩壊”させて、事件が笑いのネタに変わるまでイジられ倒すのが最善です」(前出の川内氏)

 徳井はこのままテレビの世界からフェードアウトしそうだ。

関連記事(外部サイト)