玉木宏「極主夫道」の“主演騒動”を黙らせるコメディーセンスに期待

玉木宏「極主夫道」の“主演騒動”を黙らせるコメディーセンスに期待

玉木宏(C)日刊ゲンダイ

2020年の連続ドラマは40代俳優が大活躍だ。

「半沢直樹」(TBS系)の堺雅人(46)に片岡愛之助(48)に市川猿之助(44)、「私の家政夫ナギサさん」(同)の大森南朋(48)……。
 
 さらに今年40代に突入したこの人も、まさに脂が乗っていると言えるだろう。玉木宏(40)はコロナ禍の影響で予定より遅れてスタートした連ドラ「竜の道 二つの顔の復讐者」(カンテレ・フジテレビ系)で主演。復讐に燃える主人公を熱演している。

「玉木さんは笑顔が少なく、常に苦悩し、時には涙を流す……『竜の道』ではシリアスで苦みのある演技がメインでした。玉木さんのそんな演技がファンにはたまらないようで、〈イケメンは泣き顔さえ美しい〉〈渋い声が、役柄にぴったり合ってる〉などと、うっとりと魅入る声がネット上にあふれ返っています」(テレビ誌ライター)

 15日の最終回を惜しむ声もあるが、玉木にはすでに次の主演作が控えている。10月11日からスタートする「極主夫道」(日本テレビ系=日曜夜10時30分)だ。原作は累計200万部超え、おおのこうすけ氏による同名の人気コメディー漫画で、玉木は極道から足を洗い、専業主夫となった“不死身の龍”を演じる。

「実はドラマ化が発表された7月には、ネット上でひと騒動あったんです」と話すのは、ドラマウオッチャーで芸能ライターの山下真夏氏だ。

 騒動の内容とはこうだ。

「極主夫道」はコミック累計120万部突破を記念し、2019年12月に実写版PVを制作、公開した。その際に主演を務めたのは、現在放送中の朝ドラ「エール」で語りを担当している人気声優で俳優の津田健次郎(49)だ。このPVで津田が演じた“不死身の龍”の完成度があまりに高く、原作ファンも大興奮。当時から〈このまま津田さんでドラマ化を〉と望む声が多かったという経緯がある。

「津田さんの龍の印象がまだはっきりと残っている時期に、玉木さん主演でドラマ化の発表があったので……発表当初は〈玉木さんは嫌いじゃないけど、やっぱり津田さんで見たかった〉〈龍は津田さんのイメージが強すぎる!〉〈なんで津田さんじゃだめなの?〉という声が続々と書き込まれることになってしまいました。このままの流れでは視聴率に影響するかもと思っていたんですが……」(山下真夏氏)

 ところがそんな流れも、10日に玉木が龍に扮してエプロン姿で眼光鋭くキャベツを品定めするビジュアルが公開されるやいなや、大逆転。

〈めちゃ原作に寄せてる! 龍そのもの!〉〈玉木さんはコミカルな演技がうまいので、これは期待しかない〉〈漫画原作を違和感なく演じられる演技力がある人だと思う〉などなど、“玉木龍”を期待する声が圧倒的に多くなったのだ。

「このちょっとした騒動のおかげで、玉木さんがイケメンというだけではなく、すっかり演技派として認知されていることがよく分かりました。特にコメディーセンスを評価する人が多いようですね」(山下真夏氏)
 
 得意のコメディーでまた視聴者の心をがっつりと掴んでしまいそうな玉木。40代のスタートの年は、華やかなものになりそうだ。


関連記事(外部サイト)