“お騒がせ女王” 華原朋美「事務所クビ」の真相と問題行動

華原朋美との契約をプロダクション尾木が解除 後ろ盾がなくなりスキャンダルが続出か

記事まとめ

  • 華原朋美が再契約を結んでいたプロダクション尾木との契約を解除となった
  • 華原は大手事務所という後ろ盾がなくなったため、スキャンダルが噴出する可能性がある
  • 高嶋ちさ子に紹介されたベビーシッターを巡り華原の記事がフライデーに報じられた

“お騒がせ女王” 華原朋美「事務所クビ」の真相と問題行動

“お騒がせ女王” 華原朋美「事務所クビ」の真相と問題行動

華原朋美はこれからどこへ向かうのか?(C)日刊ゲンダイ

小室哲哉(61)との破局、救急搬送、薬物依存、シングルマザーでの出産など数々の話題で世間を騒がせた歌手の華原朋美(46)が、今年8月末で「プロダクション尾木」とマネジメント契約を解除していることが、14日までにわかった。同日、同事務所がマスコミ関係者に対し書面を発表した。

 華原といえば、1995年に小室哲哉のプロデュースでデビューし、数々の音楽賞を次々と受賞。96年のシングル「I'm proud」は130万枚を超える大ヒットとなった。その後、小室哲哉と破局すると、みるみるうちに転落人生を辿った。

 13年に兄の下河原忠道さんが「24時間テレビ 愛は地球を救う」(日本テレビ系)に出演し当時の華原の惨状を、こう話していた。

《精神が不安定になりそのころにはもうお薬もたくさん服用するようになった。フラフラと下着一枚で道路出て行ってしまうことも。ラムネを食べるようにボリボリと(薬物を)服用してしまう》

 そして99年、華原はプロダクション尾木に移籍したが、度重なる騒動で07年に契約解除に。そこから忠道さんら兄弟は“クスリ抜き”のため閉鎖病棟へ隔離したというが、入院しても退院直後に薬物を服用しこれを2〜3回繰り返したようだ。

 12年に歌手活動を再開すると、古巣のプロダクション尾木と再契約。同年の12月『2012 FNS歌謡祭』に生出演し、「I'm proud」を歌唱し5年半ぶりに復帰を果たした。

「散々世間を騒がせたあげく再び拾ってもらった尾木プロの尾木会長は恩人といえるでしょう。しかし再び問題行動を起こしたようで、事務所もついに愛想をつかし、8月末で契約解除となりました。大手事務所という後ろ盾がなくなったので、今まで止められていたようなスキャンダルもこれからどんどん出てくる可能性があります」(事務所関係者)

 華原のスキャンダルといえば、18年7月の「フライデー」によって、飯田GHD・森和彦会長(75)との不倫疑惑が報じられた。その翌年8月、45歳での高齢出産した。

 その男児が高嶋ちさ子(52)に紹介されたベビーシッターに逆さ吊りにして虐待されたと11日発売の「フライデー」が報じたが、華原の元担当者はこう語る。

「警察で映像を見てもらいましたが、事件性はないと明言されました。高嶋さんにも一切非はありません」

 要するに華原が一人で騒いで、被害届を出そうと隠し撮りしたビデオを警察署に持ち込んだようだが、まったく虐待の様子が映っておらず、警察に相手にしてもらえなかったようだ。華原の元事務所も“高嶋さんに申し訳ない”という気持ちのようだ。

「どうやら、華原は目立ちたい一心であのような話をフライデーに持ち込んだようです。最近、脚光を浴びていなかったから、どんな形でもいいので自分に注目を集めたかったようです」(芸能リポーター)

 “お騒がせ女王”の華原は、ついに恩人にも見放されフリーとなった。虎視眈々と華原に関するスクープを狙っている媒体があるというから、今後何が飛び出すか分からない。

関連記事(外部サイト)