「西の女帝」上沼恵美子が“焼き肉会”で嘆く親愛とパワハラの境界

「西の女帝」上沼恵美子が“焼き肉会”で嘆く親愛とパワハラの境界

かりかり?(C)共同通信社

「西の女帝」との異名もある司会者でタレントの上沼恵美子(65)はやはりパワハラ加害者なのか――。この夏、25年続いた冠番組「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ)からの降板、そして番組打ち切りの際、お笑い芸人へのパワハラ疑惑が報じられた。その真相が明らかにされないまま、パーソナリティーを務めるABCラジオ「上沼恵美子のこころ晴天」で先ごろ、こんな恨み節をぶちまけて話題なのだ。

「私、スタッフに焼き肉とかを振る舞うのがものすごく好きだったんですけど、それが皆さんイヤイヤだったっていうような週刊誌が出ました。そのごちそうさせていただいたメンバーから、あんなんちゃいますよって反応もないから。やっぱり私は無理やり肉を食べさしてたのかなあ」などと言ったあと、こう言い切ったのである。

「そんなん言われて誰が行く? 悪いけど、何十人で行ったら何十万円やで。もう、行かない。今後、一切。もう嫌や」

 会社が終わって、部下を飲みに連れていくのもパワハラといわれる時代である。好意で誘ったのに、後になって悪口を言われていたことがわかれば、上沼のようにムカッとくるのも、中高年サラリーマンなら理解できるかもしれない。

 だが、このスタッフへの恨み節、先のお笑い芸人へのパワハラ疑惑と共通する心情が見え隠れしているという。

「これだけ面倒を見てやったのに、という気持ちです。面倒を見てやったのだから、私の言うことを聞いて当然でしょう、となり、ちょっとでも何かあると恩をあだで返すのか、となる。これらはパワハラ加害者に共通して見られる考え方なのです。今回の不満爆発を見て、上沼さんのスタッフたちはますます手に負えないと思っているのではないでしょうか」(ある放送作家)

■「東の暴君」は坂上忍

“西の女帝”上沼に対して、今や“東の暴君”とも呼ばれる坂上忍(53)も司会を務めるフジテレビ系「バイキング」スタッフらへのパワハラ疑惑が取り沙汰されている。上沼といい、坂上といい、もともとパワハラ気質なのか。ベテラン芸能記者の青山佳裕氏は「周りがそういうふうに勘違いさせている部分もあるのでは」と、こう続ける。

「何度か『えみちゃんねる』に出演させていただいたことがあるのですが、スタッフさんの進行がスピーディーで滞りなく、感心したことを覚えています。上沼さんとの打ち合わせはありませんでしたけど、番組終了後の反省会に上沼さんがいらして、淡々と、的確に改善点などを指摘されていました。それを書き留め、一言も聞き漏らさないようにしていたスタッフさんたちの姿に、長寿番組の底力を見た気がしたものです」

 しかし、このあと、青山氏は同じスタッフたちの忖度に驚愕する。

「私の所属する週刊誌が上沼さんのご機嫌を損ねるような記事を掲載したようで、そのとき以来、一切お呼びがかからなくなったのです。周りが気を回したのでしょう。まあそのくらい、スタッフが気を使うのは、大物の証拠とも言えます。故やしきたかじんさんしかり、上沼さんも、それだけ我を通せる環境にいたのでしょうね」

 かくして、上沼恵美子は裸の王様ならぬ裸の女帝に。ただ、そうやって、木に登らせておきながら、今になって関係者があれこれ過去の不満をぶちまけるのは下品というもの。上沼でなくても「もう嫌や」とサジを投げるのもわかる気がする。

関連記事(外部サイト)