大森南朋の争奪戦勃発「わたナギ」で好感度No.1おじさんに

大森南朋の争奪戦勃発「わたナギ」で好感度No.1おじさんに

大森南朋(C)日刊ゲンダイ

2020年下半期、テレビ界で次に大化けするといわれているのが俳優の大森南朋(48)。今やドラマやバラエティー番組のキャスティング会議で必ず名前が挙がるという。お世辞にもイケメンとは言い難い風貌ながら、女子大生やOL、若妻層の間で人気沸騰中なのだ。映画やドラマで演じてきた役柄のイメージは“ちょっと危ないおじさん”。

 ほとんど名前を知られていなかった大森が脚光を浴びるきっかけとなったのは、多部未華子(31)がヒロインを演じたドラマ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)の大成功だ。TBSといえば今期、全話視聴率20%超えを達成している「半沢直樹」の成功ばかりが報じられているが、実はその陰で「わたナギ」もきっちりと結果を出していた。

「初回の見逃し配信は、1週間で220万回再生と同局の記録を更新した。初回世帯視聴率14・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)を叩き出しその後、回を重ねるごとに数字を上昇させたんです。しかも、最終話は世帯視聴率19・6%。全話平均視聴率も15・1%で『逃げ恥』の平均視聴率14・5%を超えてしまった。『半沢』が放送されていなければ間違いなく今期ナンバーワンドラマだった」(キー局関係者)

女性視聴層ウケ抜群

 ドラマは漫画が原作。製薬会社のMRとしてバリバリ働くキャリアウーマンの相原メイ(多部)が家事全般をパーフェクトにこなす“おじさん家政夫”の鴫野ナギサ(大森)を雇うことで巻き起こるハートフルラブコメディーだ。

 相原は仕事はできるが、家事が苦手なヒロイン。そんな彼女をおじさんの鴫野が優しく包み込むように見守っていく。これが世間の女子のハートを射止めた。

 実際に大手広告代理店シンクタンクが調査したところ、女性からの「好感度指数」は「半沢直樹」の堺雅人よりも「私の家政夫ナギサさん」の大森の方が圧倒的に高かったという。

「評判を聞き、クライアントからは大森の指名がどんどん入るようになった。結果、ドラマやバラエティー班も、スポンサー受けが良くさらに20〜40歳前後の女性視聴層の人気を持っている大森は非常に貴重な存在で、争奪戦が発生しています」(芸能関係者)

 今回のドラマのヒットで意外な分野からのオファーも舞い込んでいるという。

「情報番組や報道番組のスタッフが注目しているんです。コメンテーターとしても有望です」(前出のキー局関係者)

 突然の大ブレークにも動じない大人の余裕を感じさせるのが大森の魅力だろう。

関連記事(外部サイト)