「24 JAPAN」唐沢寿明は好評も…クロエは朝倉あきなのか?

「24 JAPAN」唐沢寿明は好評も…クロエは朝倉あきなのか?

唐沢寿明(C)日刊ゲンダイ

9日放送の初回の世帯平均視聴率は7・7%。順調に滑り出したテレビ朝日開局60周年記念ドラマ「24 JAPAN」(金曜夜11時15分〜)。

「この時間帯は普通なら3%台ぐらいですから、上々の数字です」(テレビ誌ライター)

 ただ、評価は二分しているようだ。

「米国版の『24』を見たことがないという視聴者からは〈面白かった〉〈今後が楽しみ〉という意見もありますが、その一方でオリジナルのファンは〈ドキドキ感が今のところなし〉〈全くの別物として見るしかない〉などと物足りなさを感じているみたいですね」(在京キー局関係者)

 日米で比較したくなるのは分かるが、比べるのは酷だろう。

「日本のドラマは、NHKの大河でも1話当たりの制作費が6000万円前後といわれますが、米国の人気ドラマになると3億〜4億円、中には10億円を超えるものもある。とりわけ『24』のようなアクションものなら迫力が違ってきて当然ですよ」(前出の在京キー局関係者)

 文字通り“ケタ違い”なのだが、日本版ジャック・バウアー、獅堂現馬を演じる唐沢寿明(57)の評価はまずまずだ。

「本家のキーファー・サザーランドが30代半ばから始めた役を、唐沢さんは還暦に手が届く年齢でこなしているわけですからね。20代の頃に『仮面ライダー』でスーツアクターをやるなど肉体を鍛えてきただけあって、アクションのキレも50代とは思えません。唐沢さんの1歳年下の堤真一さんもJAC出身だけあって、いまだにキレキレですが、引けを取らないんじゃないですか」(制作会社スタッフ)

 メディア文化評論家の碓井広義氏も日刊ゲンダイコラム(10月14日付)で、ドラマの内容はさておき、唐沢については「熱演に拍手」と書いていた。

 配役についても日米で比較されがちだが、「唐沢さんに対する不満はさほど見かけません」と、前出のテレビ誌ライターがこう続ける。

「日本版アルメイダの池内博之さんも〈雰囲気が似ている〉と好評です。オリジナルの『24』ファンには絶大な人気を誇るクロエを朝倉あきさん演じる明智菫かと勘繰る向きもあって、〈イメージとは違う〉なんて声もありますが、そもそもクロエが登場するのはシーズン3から。ジャックの娘キムと比べて、桜田ひよりさんを〈幼なすぎるのでは〉という意見もありますが……」

 日本の女子学生がセクシーすぎたら、それこそ違和感がある。批判があるのも、それだけ注目されている証拠だ。評価が定まるタイムリミットまで、まだ時間はある。

関連記事(外部サイト)