「栄冠は君に輝く」を作詞した加賀大介とゴジラ松井秀喜の不思議な縁【今週のエール豆知識】

「栄冠は君に輝く」を作詞した加賀大介とゴジラ松井秀喜の不思議な縁【今週のエール豆知識】

松井秀喜(C)日刊ゲンダイ

【今週の「エール」豆知識】

 第19週で古山裕一(窪田正孝)は劇作家・池田二郎(北村有起哉)や長崎の医師・永田武(吉岡秀隆)と出会い、精神的にも完全復活する。続く10月26日からの第20週では、全国高校野球の大会歌「栄冠は君に輝く」を軸に物語は展開する。古山のモデル・古関裕而の集大成ともいえる一曲である。今回は、「雲はわき 光あふれて」と始まるこの曲の詞を書いた加賀大介という人物にスポットを当ててみたい。

 全国高校野球を主催する「朝日新聞」が大会歌の詞を募集したのは終戦から3年がたった1948年初夏のことだった。同年4月、学制改革により、新制高校が発足。それに合わせ、全国中学野球は全国高校野球に改められた。そこで「朝日」は新時代の幕開けにふさわしい歌詞を広く一般から求めることにしたのである。

 全国から応募があった5252編の中から最優秀作品に選ばれたのは、石川県の金沢地方貯金局に勤める高橋道子という女性の詞だった。実は、これは中村義雄という男性が書いたもの。中村は加賀大介というペンネームで短歌の会を主宰したり、ラジオドラマの脚本を手がけるプロの文筆家だった。賞金欲しさで応募したと思われるのが嫌で、婚約者の名前を借りたのである。賞金額は5万円。当時、金沢では家が建つというほどの大金だった。まもなく、2人は結婚。のちに中村は加賀大介に改名。道子夫人も加賀姓になっている。

■今も甲子園で歌い継がれ高校球児の胸を熱くする

 球児たちの心を打ち続け、今も甲子園で歌い継がれる同曲。こうした詞を書き上げることができたのは、加賀がかつて野球少年だったからだ。高等小学校を卒業後、地元の小松製作所に就職。職業高校に通うかたわら、野球チームに入り、白球を追う日々を送っていた。ところが、その愛する野球で大きな怪我を負い、骨髄炎を発症。切断を余儀なくされ、右足のひざから下を失った。16歳の時だった。

 この加賀と不思議な縁で結ばれているのは巨人やヤンキースで活躍した松井秀喜。同じ石川県の根上町の出身。松井が通った浜小学校の正門前に、加賀の自宅があった。ただ、加賀と松井が直接会ったことはない。松井が生まれる前年の1973年、加賀は胃がんのため、58歳の若さで亡くなったからだ。

 夫の代わりというわけではないが、道子夫人は松井と何度も会っている。最初は1992年夏。松井は星稜高校の選手として甲子園に出場。会ったのは5打席連続敬遠を受けた直後だった。悔しがる表情は一切見せず、18歳とは思えないほど、平静さを保っていたという。プロ入りする際も、道子夫人は空港まで見送りに駆けつけた。

 道子夫人は高校野球の開会式で古関裕而とも会っている。「いい歌詞ですね」と言われた。古関は晩年まで毎年夏にテレビから流れる「栄冠は君に輝く」を楽しみにしていたという。=敬称略

(田中幾太郎/ジャーナリスト)

関連記事(外部サイト)