11.22は「いい夫婦の日」…芸能界いい熟年夫婦もいろいろだ【桧山珠美 あれもこれも言わせて】

11.22は「いい夫婦の日」…芸能界いい熟年夫婦もいろいろだ【桧山珠美 あれもこれも言わせて】

LiLiCo(C)日刊ゲンダイ

【桧山珠美 あれもこれも言わせて】

 11月22日はいい夫婦の日。毎年この時期に「パートナー・オブ・ザ・イヤー」なるものが発表される。

 歴代の顔ぶれは2000年の歌舞伎俳優・中村橋之助&三田寛子にはじまりヒロミ&松本伊代、佐々木健介&北斗晶、大和田獏&岡江久美子、中尾彬&池波志乃、西川きよし&西川ヘレンら。

 中には船越英一郎&松居一代、高橋ジョージ&三船美佳といった泥沼離婚でお馴染みの顔ぶれも。夫婦もいろいろだ。

■LiLiCoと小田井涼平は納得のカップル

 さて、今年はLiLiCo(50)&コーラスグループ「純烈」の小田井涼平(49)。彼女がレギュラー番組「王様のブランチ」(TBS系)の映画コーナーでのこと。自宅からリモート出演したLiLiCo、季節は春。部屋が桜のモチーフで飾りつけられた華やかで落ち着かない部屋について「旦那さんは納得しているの?」と、今はいないMCアンジャッシュ渡部建がツッコむと「大好き! 本人に聞いてみて」と言い、小田井がサプライズ登場したことも。


ラブラブな2人は貴重

 思わぬツーショットに出演者たちは大喜び。2人で映画「タイタニック」の有名なポーズを真似したり、仲良しぶりを披露した。その後も何週間かは小田井がひょっこり映り込むなどいろんな形で登場。コロナ禍で鬱々とする中、楽しくふざけ合う姿にほっこりした。

 そうでなくとも、夫がずっと家にいて嫌とかコロナ離婚とか、そんな話題ばかり耳にするからラブラブな2人は貴重。

 結婚は3年前。お互い40代後半の結婚でいわゆる熟年婚だった。お互いにすったもんだもありました、酸いも甘いも知り尽くした後で人生の後半をともに過ごしましょうというのはこれからの主流になるのでは。


山口智子と唐沢寿明はドラマ視聴率で明暗

 先日美容院で女性週刊誌をパラパラとめくっていたら「山口智子 唐沢寿明と腕組みデート! 結婚25年目も変わらぬ絆」という記事が載っていた。

 山口56歳、唐沢57歳、こちらの熟年夫婦も仲の良さは相変わらずのようだ。山口は「監察医朝顔」(フジテレビ系)、唐沢は「24JAPAN」(テレビ朝日系)と連ドラに出演中で、第3話で4.5%と大爆死と言われる「24」に対して「朝顔」は安定の2ケタと、こちらは仲良しとはいかないようだが……。

  妻を「ママ」「ママ」と呼ぶヒロミ&松本伊代もヒロミが妻のポンコツぶりを愛おしそうに語って理想の夫婦像に。

 昭和の理想の夫婦像といえば三浦友和&山口百恵か。

 妻は夫を支え、夫は妻をいたわるという感じだったが、令和の今はもう少しラフな感じだ。

■静香&キムタクはブーイング?

 不思議なのがキムタク&静香。

 最近は娘2人も巻き込んでいい夫婦、いいファミリーぶりをアピールしている。

 なぜか憧れられないどころか、聞こえるのはブーイングという、ホント、不思議な夫婦!?

(桧山珠美/コラムニスト)

関連記事(外部サイト)