黒木瞳の監督映画「十二単衣を着た悪魔」が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

黒木瞳の監督映画『十二単衣を着た悪魔』が大コケか 伊藤健太郎のひき逃げなど不運も

記事まとめ

  • 黒木瞳の監督作の映画『十二単衣を着た悪魔』は大コケする気配が漂っているという
  • 初監督作品『嫌な女』は総製作費10億円弱に対し、興行収入は6200万円で上映打ち切り
  • 出演の伊勢谷友介が逮捕され、主演の伊藤健太郎がひき逃げ事件まで起こすという不運も

黒木瞳の監督映画「十二単衣を着た悪魔」が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

黒木瞳の監督映画「十二単衣を着た悪魔」が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

黒木瞳(C)日刊ゲンダイ

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の大ヒットで、映画界が空前の活況ぶりを呈している。その陰でひっそりと幕を閉じようとしているのが、長編ものの監督作品としては2作目となる黒木瞳(60)の「十二単衣を着た悪魔」(キノフィルムズ)だ。

 この作品は作家・内館牧子氏の小説を原作としたSFもの。フリーターの青年が雷に打たれて源氏物語の世界にタイムスリップするストーリーだ。11月6日に全国公開されたが、大コケする気配が漂っている。

 興行収入をザックリと計算してみた。全国43館の各劇場で販売されたチケット数(1万5661枚=11月17日14時現在)に、入場料金(一般入場料1800円、大学生1500円、シニア1100円の平均入場料1467円)を掛けると、約2297万円という数字になった。時代劇の要素を加えた映画で、この数字は相当厳しいと言わざるを得ない。

「今回の映画で興行的に振るわなかったことは、黒木さんにとってショックだったと思います。スタッフがコンタクトを取ろうにも、しばらくの間、音信不通だったと聞いています。宝塚のトップから女優に転身した彼女の映画監督デビューは大きな話題になりました。ライバルは蜷川実花さんといわれましたが、実績を見る限り、残念ながら蜷川さんに遠く及びません」(映画関係者)

 黒木は16年6月公開の初監督作品「嫌な女」でも苦杯をなめている。総製作費10億円弱に対し、その興行収入は1億円に届かず、6200万円で上映打ち切りとなった。吉田羊(46)、木村佳乃(44)、佐々木希(32)ら豪華な顔ぶれが出演し、竹内まりや(65)が主題歌を担当したにもかかわらず、残念な結果に終わった。今回の作品は前回のリベンジマッチとみられていたが、そうならなかった。

コロナ禍、大麻、ひき逃げ…

 もっとも、黒木に同情的な声も少なくない。

「コロナ禍の影響で公開が遅れ、今年9月には出演者の伊勢谷友介が大麻取締法違反で逮捕されました。さらに、主演の伊藤健太郎が公開直前にひき逃げ事件まで起こしてしまった。当初の予定通り公開できていたら、これほど不運が重なることもなかったはずです。ただ、黒木さんは4年前のトラウマがあったためか、2度の事件を受けても11月公開の意思を曲げませんでした」(芸能プロ関係者)

 黒木が監督として興行成績のことをシビアに考えていたら“お蔵入り”させる選択肢もあったはず。今回の失敗によって黒木が映画を撮ることは、しばらくはなさそうだ。

「スポンサーが完全にそっぽを向いてしまいました。女優としても10月に還暦を迎え、立ち位置が難しくなりつつあります。黒木さんがスポットライトを浴び続けるために次に何を仕掛けてくるのか注目です」(前出の芸能プロ関係者)

 映画の失敗が好調な女優業にまで響かないことを祈りたい。

(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)


関連記事(外部サイト)