ダイアモンド?ユカイさんは来年還暦「日本のロックを再生したい」

ダイアモンド?ユカイさんは来年還暦「日本のロックを再生したい」

ダイアモンド?ユカイさん(C)日刊ゲンダイ

ダイアモンド?ユカイさん(58歳)

 3月の誕生日で59歳になるとは思えない若いルックスのミュージシャン・ダイアモンド?ユカイさん。60代には骨太な本来のロックを再生させ、世界ツアーを実現させたい夢を語ってくれた。そしてプライベートでは娘がオリンピックに出場する姿を見ることと、70代では今まで苦労をかけた妻にアフリカの自然を見せることと、すべてワールドワイドなやりたいことを、死ぬまでの20年間で達成したいらしく……。

 ◇  ◇  ◇

 還暦が近づいてきて自分のできることが残り少ないのかなと思うようになってきました。

「60から70歳にできることは何か」と考えた時、まず仕事面では「ロックの再生」ですね。今のロックは俺の思ってるようなロックとは違うんですよ。俺が好きな本来のロックンロールがなくなっちゃったと。

 ロックはもともとブルースですから、ブルースの血が流れていないものはロックじゃないし、グッとくるものがないと思うんです。世界的にも今のロックは聴きやすいものが多くなっていて、貧弱になっている。といってもミック・ジャガーもポール・マッカートニーもやり尽くした感はありますからね。

 我々の世代のロックはもっとゴツゴツした強いものでしたよ。日本のロックにはまだ開拓の余地があると思ってるから、60代の10年で俺の思うロックを再生させて、日本に根付かせたい。年齢に関係なく根付かせたい思いが年とともに強くなってきてるんですね。

 60代に入ったらまずは自分の作品を作ってどんどん発表していこうと。できれば、フライングして還暦イブの今年からかな。もちろんロックンロールです。強くて最高のロックならメンバーの年齢とか問わないですね。

 俺も子どもが3人いて背負うものもあるから、本物のロックを再生させるなんて大変な仕事だと思うけど、60代にはやりたいことやらないとね。砕け散るかもしれないけど、頑張りますよ。

 それに、このご時世でも今後もライブの火は消えないと思うんです。だから、60代では世界ツアーをやりたい。まずは日本でツアーをやってからだけど、その先に欧米から中国、ロシアも回って全世界でやりたい。体力的には今のところ大丈夫だから。あと10年はもつんじゃないか?

■五輪に出る娘の姿を見たい

 プライベートで死ぬまでにやりたいこともあります。実は娘が今11歳でアーティスティックスイミング(旧シンクロナイズドスイミング)を長くやっていまして。たぶん8年後くらいがロサンゼルスでの五輪開催になると思うので、娘が五輪に出場する姿を見たいです。これは死ぬまでの夢というより8年後くらいまでの夢になりますね。

 娘はジュニアの大会にも出ています。五輪出場が大きな夢なんです。もし本当に出場したら、会場で応援するのが俺のやりたいこと。たぶん泣いちゃうだろうなぁ。今でも練習を見ただけで泣いちゃうけど(笑い)。「ここまでうまくなったのか!」とね。

 五輪の時は涙腺崩壊しちゃうだろうね。現地に行く飛行機に乗る前から泣いたりしてね。娘の演技を見ている時は体の水分がなくなるくらい泣きそう。

 だから、もし可能なら俺が世界ツアーをやってる最中に開催されれば、アメリカのニューヨークかどこかでライブをやった後にロスに応援しに行くとかが理想ですね。親子それぞれの夢もシンクロさせてかなえたい。

■心配かけっぱなしの妻とは世界旅行を

 世界ついでにもうひとつやりたいことを加えると妻を世界旅行に連れていきたい。今までに迷惑とか心配をかけっぱなしだったから。

 これは子どもたちが大人になって、子育てが終わり、ひと区切りついたころだから、最後のやりたいことになりますね。いろんな国を回りたいし、アフリカまで行ってみたいです。妻にサバンナの自然とか見せたい。旅の途中でケンカして別れちゃうかもしれないけど(笑い)。

 この夢は最後の最後でかなえたいと思うから、ロックをやり尽くした60代が終わった後の70代ですね。たぶん俺は75歳くらいに死んじゃうと思うんで、それまでの5年の間にどうにかね。

 本当は宇宙にも行きたいんですよ。けど、目が回っちゃうと思う。体力的に難しいな。世界旅行ならどうにかできると思います。その世界の旅を終えて、俺は冥土に旅立っていこうかな、と。

 ロックと娘の五輪観戦と妻との世界旅行。すべてワールドワイドなこの3つのやりたいことを60歳から成し遂げる。そのために、還暦イブの今年から頑張ります。考えてみたら、あと20年もないんですよ。せっかく歌をやっているんだから、まずは世界で歌いたいですね。

(聞き手=松野大介)

▽本名・田所豊 1962年3月、埼玉県生まれ。86年からロックバンドRED WARRIORSのボーカル兼ギターとして活動。その後、ソロに。タレントとしても活躍中。

関連記事(外部サイト)