AKB世代交代が一気に進む? 山本彩「卒業」後の「新『神7』」は誰だ

山本彩がNMB48から卒業 AKB48新曲のフロントメンバーには宮脇咲良、矢吹奈子ら

記事まとめ

  • NMB48山本彩がNMB48劇場で行われた卒業公演に出演し、アイドル生活に別れを告げた
  • AKB48の新曲ではIZ*ONEに2年半専念する宮脇咲良や矢吹奈子らがフロントメンバー
  • 2列目は白間美瑠、高橋朱里、向井地美音、3列目はNGT48中井りか、STU48瀧野由美子

AKB世代交代が一気に進む? 山本彩「卒業」後の「新『神7』」は誰だ

AKB世代交代が一気に進む? 山本彩「卒業」後の「新『神7』」は誰だ

AKB世代交代が一気に進む? 山本彩「卒業」後の「新『神7』」は誰だの画像

NMB48のキャプテン、山本彩さん(25)が2018年11月4日、大阪市内のNMB48劇場で行われた卒業公演に出演し、約8年間にわたるアイドル生活に別れを告げた。山本さんはNMBの中では「1強」と呼ばれることもあり、AKB48グループでも中心メンバーのひとりだ。

2017年末に渡辺麻友さん(24)が卒業したことで初代「神7(セブン)」の全員がグループを離れ、松井玲奈さん(27=15年卒業)に続いて、姉妹グループの「神7」経験者からも卒業者が出たことになる。これを機に世代交代が進むのか。そうだとすれば、次のAKB48グループを背負うのは誰か。最近の「人事」から読み解いた。

新キャプテン託されたのは2016年加入の5期生

山本さんは選抜総選挙では16年に4位にランクイン(17、18年は不出馬)。15年度下半期の連続テレビ小説シリーズ「あさが来た」の主題歌「365日の紙飛行機」(15年)でセンターポジションを担当するなどしてグループ外の知名度も上がり、16年のNHK紅白歌合戦の出演者を視聴者の投票で決める企画は1位を獲得。コアなファン以外からも幅広い支持を得た。山本さんは新キャプテンを小嶋花梨さん(19)に託すが、小嶋さんは16年にNMB48に加入したばかりの5期生。18年10月発売の楽曲「僕だって泣いちゃうよ」の選抜メンバー18人に選ばれたものの、18年の選抜総選挙では120位圏外。知名度が上がるまでには多少の時間がかかりそうだ。

そこでAKB48グループの「次世代」を読み解くカギになりそうなのが、2018年11月28日発売予定のAKB48の新曲「NO WAY MAN」をめぐる「人事」だ。23人が選ばれた「選抜メンバー」のうち過半数の13人がAKB48から選ばれ、残りの10人を姉妹グループで分け合った。NMB48からは、白間美瑠さん(21)のみが選ばれた。

この楽曲では、日韓で放送されたオーディション番組「PRODUCE(プロデュース)48」に参加したメンバーを多く起用。HKT48の宮脇咲良さん(20)や矢吹奈子さん(17)ら、日韓合同ユニット「IZ*ONE(アイズワン)」に専念するためAKB48グループの活動を2年半にわたって離れることになったメンバー3人をフロントメンバーに据えた。

23人のうち宮脇咲良、白間美瑠ら7人が「黄金世代」

とりわけ目立つのが、18年に成人を迎えたメンバー(1997年4月2日〜98年4月1日生まれ)で、23人中7人を占める。1月の成人式イベントで「黄金世代」と命名された世代で、7人のうち宮脇さん、白間さん、高橋朱里さん(21)がPRODUCE48に参加した。

楽曲を披露する際のフォーメーションは3列構成。一般的には、前に出るほど、中央にいくほど重要なポジションだと考えられている。宮脇さんが1列目センターで、PRODUCE48に参加していない岡田奈々さん(20)さんも1列目に入った。2列目には白間さん、高橋さん、向井地美音さん(20)、3列目にはNGT48の中井りかさん(21)、STU48の瀧野由美子さん(21)が入った。

渡辺麻友「後継」も1列目に

「IZ*ONE」に加入せず、「黄金世代」より若いメンバーで1列目に立つのは小栗有以さん(16)。渡辺さんが17年10月の卒業コンサートで、これからのAKBを託す若手メンバーとして「後継指名」したことでも知られる。初めて選抜に入ったのは下尾みうさん(17)とSKE48の菅原茉耶さん(18)。2人とも3列目だ。

ベテラン勢も健在だ。指原莉乃さん(25)と横山由依さん(25)が1列目の両脇を固め、柏木由紀さん(27)、須田亜香里さん(27)も2列目に。一方で、3か月近く療養していたSKE48の松井珠理奈さん(21)は、今回の楽曲には参加しておらず、「1回休み」だと言えそうだ。ただ、12月12日発売のSKE48の新曲「Stand by you」ではセンターを務めることが発表されたばかりで、その次のAKBの楽曲では選抜に復帰する可能性が高い。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)