アルビレックス新潟・早川史哉の契約一時凍結を解除 急性白血病と診断され移植手術

記事まとめ

  • アルビレックス新潟は白血病の治療中だった早川史哉の、契約一時凍結を解除すると発表
  • 回復したと判断されたためで、早川は「一日一日を大切に過ごしていきたい」とコメント
  • 早川は16年に同チームに加入、16年4月に急性白血病と診断され骨髄移植手術を受けた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております