稲森いずみ「ヘビースモーカー報道」に驚く声

稲森いずみが新型コロナで極秘入院と報道 ヘビースモーカーとの証言も掲載され驚く声

記事まとめ

  • 稲森いずみが『TOKYO MER』の撮影中に新型コロナに感染し、自宅療養すると発表された
  • しかし、実際には入院していたと週刊文春が報じ、驚きの声が上がっている
  • さらに、稲森はヘビースモーカーだとする証言も掲載され、「意外」との声が噴出した

稲森いずみ「ヘビースモーカー報道」に驚く声

俳優の稲森いずみさん(49)が「極秘入院」していたとする「週刊文春」(2021年9月16日発売)の記事が話題だ。

TBS系ドラマ「TOKYO MER」に出演していた稲森さんは、その撮影中に新型コロナウイルスに感染し、所属事務所は自宅療養すると発表していた。しかし、実際には入院していたと報じられた。

これに対しては驚きの声が上がっているが、併せて、「ヘビースモーカーなのか」といった声も上がっている。

■「稲森いずみがヘビースモーカーなのは意外」

記事では、稲森さんがヘビースモーカーだとする関係者の証言を掲載していた。このため、読者からは「ヘビースモーカーなのは意外」といったツイートが噴出している。中には、「そんなことより稲森いずみさんがヘビースモーカーの方が驚き」と、「極秘入院」の記述そっちのけで驚く声も上がるなど、愛煙家という一面への注目度は高い。

なお、稲森さんは2017年放送のドラマ「刑事ゆがみ」(フジテレビ系)では「TOKYO MER」と同様に刑事役で出演しており、喫煙シーンがあった。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

関連記事(外部サイト)