偽装妻に「私、あなたよりここにハマると思う」 視聴者が恐怖した「ハンオシ」倉科カナの策士ぶり

ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」(TBS系)の7話が2021年11月30日に放送され、倉科カナさん演じる役柄の言動をめぐって「あざとさの策士」などと反響があがっている。

■「私たち、夫婦ならうまくいきそうじゃないですか?」

漫画家・有生青春さんによる同名マンガが原作。27歳のデザイナーで「生涯独身上等、おひとり様最高」のヒロイン・大加戸明葉(清野菜名さん)と、30歳サラリーマンで既婚者の肩書きを手に入れたい百瀬柊(坂口健太郎さん)が偽装結婚をすることから始まるラブコメディーとなっている。

※以下、ネタバレを含みます。

倉科さんは、百瀬の兄・旭(前野朋哉さん)の妻・美晴役と、今回から登場した料理系インフルエンサー・野上香菜の1人2役で出演。第7話では、「偽装妻」明葉と香菜の百瀬を巡る対決の様子が描かれた。

インフルエンサーとのコラボ企画を担当することになった百瀬と明葉は、打ち合わせに現れた美晴ソックリの香菜を見て衝撃を受ける。一方の香菜は、インフルエンサーという不安定な職業ゆえ安定した高収入の百瀬に気がある様子。2人が偽装結婚だと知り、明葉に「素敵な旦那様ですね」「私、あなたよりここにハマると思う」と耳打ちして動揺させたり、明葉の不在時に打ち合わせと称して百瀬宅にあがったりと大胆なアピールを続け、ついには百瀬に「私たち、夫婦ならうまくいきそうじゃないですか?」と提案する始末だ。

■「もはや倉科カナ劇場やん...」

そんななか、百瀬が夜に明葉と一緒に夕食をとる予定があると知った香菜。さっそく夜の打ち合わせに誘うが、百瀬から「昼なら」と断られてしまう。しかし、カナはめげず、昼の打ち合わせで百瀬のスマートフォンをわざと持ち帰り、夜に百瀬と会う口実を作るという策士っぷりを発揮する。

夜、百瀬が香菜の元を訪れると、香菜は割れた皿で手をケガしており、百瀬に助けを懇願。思惑通り、明葉との約束を反故にさせ、2人の関係に亀裂を生じさせる。しかし百瀬は、こうしたカナの行動で逆に明葉を大事に思う気持ちに気がついてしまうのだった。

こうした香菜の言動に対し、視聴者からは「百瀬の気持ちをわからせる為だったけど、カナにイライラしちゃった」「あざとさの策士」「もはや倉科カナ劇場やん...」「自宅に奥さんの許可無しに女上がらせるとかまじないわ」「ドラマでよく出てくる絵にかいたようなあざとい嫌な女演じてるなカナさん」「わかりやすいほどあからさまな性悪女...。(褒めてる)」などと反響があがっている。

関連記事(外部サイト)