NMB渋谷凪咲のトークが「嫌われない」理由 誠実さが好感?アイドル評論家の分析は

NMB48の渋谷凪咲さん(25)のトークが評価されている。

その実力が改めて注目されたのは、2021年12月1日未明に放送された「〜凪咲と芸人〜マッチング」(テレビ朝日)。アンジャッシュの児嶋一哉さん(49)との対談に、そのトークに引き込まれたとする声が視聴者から相次いだのだ。

■「おなら」告白エピソードにも反響

同番組は10月6日から始まった渋谷さん初の冠番組で、毎回、渋谷さんが「今気になる」お笑い芸人を招いてトークを繰り広げ、そのゲストとの相性を探る様子を特集する。

12月1日の放送で渋谷さんは、児嶋さんとの対談の中で、自身の運気を上げるべく普段から行っていることとして、

「普段から悪いことをしない。道にごみが落ちていたら、結局誰かが拾うんだから私が拾う」

といった話のほか、横断歩道は無理をして渡らないようにしているなど、普段からの行動で気を付けていることを明かしていた。

こうしたトークに視聴者からは、「最初は緊張していた感じだけど、リラックスしてトークしていて内容も楽しかった」といった声が出たほか、鉄板ネタの「児嶋だよ!」を放つ際のアクセントに時に違いがあるといった指摘をするなど、主導権を握る瞬間もあったとする声も上がるなど、トークの巧みさを見せつける瞬間もあった。

渋谷さんといえば今回だけでなく、ここのところ他の番組でも視聴者から絶賛を浴びてきた。

11月15日放送の「霜降りミキXIT」(TBS系)で渋谷さんは、かつて、劇場での公演中に、「客席がどよめくぐらいのおならをしてしまった」と告白。アイドルらしからぬ身を切るような発言には「劇場でおならしたエピソードなの笑った」といったツイートが相次いだ。

また、22日放送の「100%!アピールちゃん」(TBS系)で挑んだ企画「24時間大喜利チャレンジ」に対しても、食事中などにも容赦なく突如として出題される大喜利に対し、よどみなく答え続ける渋谷さんに対して視聴者からの絶賛が相次いだのだった。

■真の魅力は本人の「誠実さ」に?

これら、トークをはじめとしてその「弁が立つ姿」が視聴者を魅了している渋谷さん。その魅力について、「プロアイドルヲタク」のブレーメン大島氏はJ-CASTニュースの取材に次のように話す。

「渋谷さんのトークですが、大喜利が得意であるところからして頭の回転が速いのは確実ですが、最大の特徴は話術などの技術的な面というよりは、『本人の正直さがにじみ出ている点』だと思います。例の大音量のおならの件を包み隠さず話していたところに、恥ずかしいことでも正直に話すという本人の誠実さが表われています。

またその逆に、つまらないエピソードを針小棒大に話すこともしないので、テレビ慣れした通常のタレントが話すと『話を盛ってるな』『そんなことあるわけないだろ』と思われるようなことがなく、他のタレントが話すと真偽を疑われてしまう内容の話をしても、視聴者は思わず聞き入ってしまうのだと思います」

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

関連記事(外部サイト)