張本勲氏、巨人再契約の上原浩治投手に「けなそうと思ったんだけど...」と苦笑い

張本勲氏、巨人再契約の上原浩治投手に「けなそうと思ったんだけど...」と苦笑い

張本勲氏、巨人再契約の上原浩治投手に「けなそうと思ったんだけど...」と苦笑いの画像

「喝だ!」で知られる野球評論家の張本氏が、TBS系「サンデーモーニング」で、巨人と再契約を結んだ上原投手について言及した。

「まだ10球ぐらいは大丈夫でしょ」

張本氏は、上原投手について聞かれ、

「43歳。でもこの人の直球は速いからね〜。1イニング3人だから、まだ10球ぐらいは大丈夫でしょ」

と、エールとも皮肉ともとれるコメントをした。

ところが、今月30日放送の同番組に上原投手が登場予定という話になり、

「オレ、(上原投手を)けなそうと思ったんだけど、(言わなくて)良かった〜」

と話し、スタジオの笑いを誘った。

巨人は2018年、セ・リーグで3位。だが、67勝71敗5分と勝率5割を切ってしまい、高橋由伸監督が責任を取って退団。来季は、原辰徳氏が采配を振るう。

その原監督も「上原投手の再契約」には喜びつつも、報道陣には、

「中途半端な役割は与えるつもりはない。もう、勝ちパターンでしょう。彼が違った位置にいたって、何もいいことはない」

とコメント。

また、報道では「来季キャンプの2軍スタートを通告済み」との話もあり、ベテラン上原投手といえども、容赦しない様子だ。

上原投手は今季、セットアッパーとしてとしてスタートしたが、左ひざ痛などもあって2軍落ちも経験。シーズン終盤では同点や僅差のビハインド場面でも登板したが、36試合で0勝5敗14ホールド、防御率3・63という成績だった。