アメフトの甲子園ボールで関西学院大学が優勝 MVPは悪質タックル被害の奥野耕世に

記事まとめ

  • アメリカンフットボールの大学日本一を決める「甲子園ボール」で関西学院大学が優勝
  • 日大による悪質タックルで被害にあった関学大QBの奥野耕世選手がMVPに選出された
  • 昨年、日本大学に優勝を奪われた関学大は、早稲田大学を退けて1年で王座に返り咲いた

アメフト関学大が大学日本一に MVPは悪質タックルの被害選手

アメリカンフットボールの大学日本一を決める「甲子園ボール」が2018年12月16日、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で行われ、関西学院大学が2年ぶり29回目の優勝を飾った。日大による悪質タックルで被害にあった関学大QBの奥野耕世選手がMVPに選出された。

試合は、関学大と早稲田大学が対戦。関学大が終始、押し気味にゲームを展開、37−20で早大を退けた。昨年、日本大学に優勝を奪われた関学大だったが、1年で王座に返り咲いた。

今年5月、日大との定期戦で関学大の奥野選手が日大選手の悪質タックルを受け、負傷した。この問題は社会問題化し、関東学生アメフト連盟は日大の公式戦への出場停止処分を決めた。奥野選手は試合後のインタビューで「ライスボウル(日本選手権)では恥ずかしくないプレーをしたい」と前を向いていた。