「最近の若者はギターソロをスキップする」に音楽ファン衝撃 ギタリストたちは猛反論

「若者はギターソロをスキップする」話題でくるり・岸田繁、King Gnu常田大希らが持論

記事まとめ

  • 高野寛のツイートが発端で、「若者はギターソロをスキップして音楽を聴く」と話題に
  • くるり・岸田繁、King Gnu常田大希、元メガデスのマーティ・フリードマンが持論を展開
  • 「ブライアンメイのソロ程のクオリティならスキップされないだろう」とフリードマン

「最近の若者はギターソロをスキップする」に音楽ファン衝撃 ギタリストたちは猛反論

若者はギターソロをスキップして音楽を聴く――。2022年5月7日、ツイッター上でこんなテーマが話題にのぼったのを受け、ロックバンド「くるり」の岸田繁さんや「King Gnu」の常田大希さんなど、国内の有名ギタリストたちが熱い持論を繰り広げた。

「メガデス」の元ギタリスト、マーティ・フリードマンさんは、楽曲制作の現場でギターソロが軽視されている現状を嘆きつつ、「曲作りの段階で、ギターソロの内容、パフォーマンス、とその曲との独特な奇跡の組み合わせを大事にして欲しい」と訴えた。

■King Gnu常田「そのうちギターの時代が始まる」

話題の発端は、ミュージシャンの高野寛さんが5月5日に投稿したツイートだった。

「サブスクで、ギターソロが始まるとスキップする若者多いみたいですね。特に歪んだギターは不人気だとか....」

高野さんが投稿の参考にしたのは、21年9月25日に産経新聞電子版が配信した「イントロとギターソロを飛ばして聴くのは邪道」という記事。同記事では、「スポティファイ」などの音楽配信サービスでギターソロのある楽曲が流れてくると、利用者は「テンションが下がる」ことから、次の曲にスキップしてしまう、という音楽関係者の話が掲載されている。

前述の高野さんのツイートが注目されると、ツイッター上では「ギターソロ聴かんの若人は!?えぇ...ちょっと考えられない」「強烈なジェネレーションギャップを感じてる」などと驚きの声が続出。7日朝6時には「ギターソロ」がトレンド入りした。

現役のギタリストたちも黙っていなかった。「くるり」のギター・ボーカルを務める岸田さんは「ギターソロて流行ってないの?オレは曲飛ばしてギターソロだけ聴くけどな」と持論を展開。「King Gnu」ギター・ボーカルの常田さんは「焦るなよ またそのうちギターの時代が始まるのだよ ギターソロ の件」と自身のギタープレイが印象的な楽曲「飛行艇」のライブ映像を投稿した。

■「ギターソロをスキップしないで〜!(笑)」

そうした中、7日に「ギターソロをスキップしないで〜!(笑)」とツイートしたのが、世界的なヘビーメタルバンド「メガデス」のギタリストとして活躍したフリードマンさんだ。フリードマンさんは日本を拠点に活動し、歌手・相川七瀬さん、ももいろクローバーZなどをサポート。音楽番組にも数多く出演している。

フリードマンさんは「サブスクでギターソロが来たらスキップする事よく分かる。そして僕でも納得する」とした上で、「ギターソロをスキップされる曲は多分、バンド物じゃなくてアーティスト系だと思う」と持論を展開する。

フリードマンさんいわく、海外のメインストリームで活動するアーティストの楽曲制作はコストがかさむ。その中で「一番節約出来る部分はギターソロ」なのだという。

「曲はギターソロ(の)『存在感』さえあれば大丈夫と思ってる方(が)居ると思う。なので、とにかくボーカル休憩の8小節、ちょっとした喧しい歪んでるギターソロ(が)あったら大丈夫になっちゃう」

ギターソロが楽曲制作の段階から軽視されていることに、フリードマンさんは「これは大丈ばない!」「ギターソロはボーカルと全く同じ存在じゃないとスキップ(される)のは当たり前だ」と主張する。

フリードマンさんは、ギターソロに存在感がある好例としてロックバンド「QUEEN」の楽曲を引き合いに出し、「フレディー(マーキュリー)のスーパーボーカルの存在感に負けないブライアンメイのギターソロ。それ程のクオリティならスキップされないだろう」と持論を示した。最後には「曲作りの段階で、ギターソロの内容、パフォーマンス、とその曲との独特な奇跡の組み合わせを大事にして欲しい」と訴えた。

関連記事(外部サイト)