宮脇咲良参加のLE SSERAFIM、デビュー盤「初週30万枚超」の快挙 韓国メディアが英語で報道

BTS(防弾少年団)が所属する韓国の大手芸能事務所「HYBE」による初の女性グループ「LE SSERAFIM」(ル・セラフィム)が2022年5月2日にデビューアルバム「FEARLESS」を発売し、韓国での集計によると、1週間で30万枚を売り上げた。韓国の女性アイドルグループのデビューアルバムとしては過去最多だ。

グループ名「LE SSERAFIM」は、「I'm fearless」(私は恐れを知らない)の文字を並び替える「アナグラム」と呼ばれる手法で命名。HYBE日本法人の発表によると、グループはデビューアルバムを通じて「最高になりたいという強い願望をもって誰も行ったことのない旅」を始める。デビューアルバムでは「過去に縛られて自分自身を失うことが最も愚かなことであり、自分と自分の願望を守ることにこそ価値があると表現」したという。

■聯合ニュースや中央日報が英語でも報じる

メンバーは6人。最年長の「SAKURA」こと宮脇咲良さん(24)は、HKT48、IZ*ONEに続く3回目のデビューとなった。キム・チェウォンさん(21)もIZ*ONEで活躍した。

韓国大手の「HANTEO(ハント)チャート」の集計によると、発売からの初動1週間(5月2〜8日)は30万7450枚を売り上げた。初動1週間で30万枚以上を売り上げた女性グループは、Red Velvet(レッド・ベルベット)、BLACKPINK(ブラックピンク)、IZ*ONEなど、LE SSERAFIMを含めて6グループしかいない。

この記録は芸能専門メディアにとどまらず、聯合ニュースや中央日報といった大手媒体も英語で報じている。英語圏での関心の高さを想定しているとみられる。

配信でも新記録を打ち立てている。配信プラットフォーム「Spotify」では、5月3日付の「グローバルトップ200」で171位にランクイン。HYBE日本法人の発表では「歴代ガールズグループのデビュー曲としては最短期間でのチャートイン」だと説明している。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

関連記事(外部サイト)