「やんごとなき一族」共演者が上島竜兵さんを追悼 「御一緒出来たことを心から感謝」「一生忘れません」

お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」の上島竜兵さんの訃報を受け、出演していたドラマ「やんごとなき一族」(フジテレビ系)の制作陣や共演者が追悼メッセージを寄せている。

■「一緒に熱々おでんをやって下さった」

原作は、漫画誌「Kiss」(講談社)で連載中の、こやまゆかりさん作の同名コミック。大衆食堂「まんぷく屋」の看板娘・篠原佐都(土屋太鳳さん)は恋人・深山健太(松下洸平さん)と結婚するが、後に健太が資産家・深山一族の次男であると判明。理不尽な家のしきたりや親族内の人間関係に翻弄されながらも、健太とともに立ち向かっていくラブコメディだ。

2022年5月12日放送の第4話では、深山家から追い出されそうになっている健太と佐都が、健太の父・圭一(石橋凌さん)からある条件を出され、それに応えるべくマダムキリコ(長谷川京子)という正体不明の女性の協力を仰ぐことになった。

しかし、男社会に批判的で自力で道を拓いてきたキリコは、深山家のことが大嫌い。そこで佐都は、キリコに「まんぷく屋」の名物メニュー「もつ煮」を振舞い、健太は「このもつ煮は俺と佐都だけのものじゃないんです。佐都のお父さんお母さん、それに支えてくれた常連さんたちの思いが詰まった特別なものなんです」と愛情深い様子で説明した。

上島さんは、「まんぷく屋」の陽気な常連客・八さん役で出演。水色のキャップとグリーンのジャンパー姿がおなじみで、猫舌のためか熱いもつ煮をフーフーと冷ましていた姿が印象的だった。

訃報を受け、ドラマ公式サイトには「佐都と健太の結婚を心から祝福し、家族のように温かく見守る役柄で大きな安心感をもたらしていただきました。誰からも愛され、慕われた上島さんの人柄に触れ、撮影という同じ時間を過ごすことができたこと深く感謝いたします」などとコメントを掲載。

土屋さんはインスタグラムで「賑やかな中にも柔らかな雰囲気と、あたたかな人情味溢れる演技。御一緒出来たことを心から感謝しています。桜が咲いたあとも桜の美しさが永遠に心に残るように、この感謝の気持ちは、永遠に変わりません。感謝を込めて祈りたいと思います」、松下さんも「一緒に芝居が出来たこと(中略)カメラが回ってないところで、一緒に熱々おでんをやって下さったこと。全部、全部一生忘れません。ご冥福をお祈り致します」としのんだ。

関連記事(外部サイト)