「生きた心地しなかった」 人気ゲーム実況者レトルト「YouTubeアカBAN→復活」経緯と胸中語る

人気ゲーム実況者のレトルトさんが2022年5月14日、公式YouTubeチャンネルを更新し、自身のYouTubeチャンネルが停止(アカウントBAN)された経緯と原因について説明し、「生きた心地がしなかった」と胸中を明かした。レトルトさんは5月13日、YouTubeチャンネルがBANされたとツイッターで報告していた。

■「ここ10年ぐらいで一番心がざわついた一日でした」

レトルトさんは14日公開の動画で「皆さん大変お騒がせいたしました。申し訳ございません」と謝罪し、「めちゃくちゃ怖かったわ」と振り返った。そして「この動画がちゃんとYouTubeの俺のチャンネルに上がっていることが、ただただ嬉しい」と安堵の声をもらした。

今回の件について「かなりお騒がせしてしまいましたので、事の経緯と何が原因だったかということを、話せる範囲で皆さんにご報告しておかなきゃな」とし、顛末を説明した。13日朝に自身のYouTubeチャンネルが停止したことを知り、「その時俺の中で思っていたのは、すぐ戻るでしょっていう感じ」だったと明かしている。

しかし、他のYouTubeチャンネルに比べて「センシティブなところもあった」とし、「色々思ったりしながらも、割と頭真っ白」だったと振り返った。焦る原因には「13日の金曜日」だったことが関係していたという。ゲーム実況者のキヨさんやレトルトさん、ガッチマンさん、牛沢さんがコラボする「TOP4」の企画で、「13日の金曜日の17時に(動画を)あげようっていうことになっていた」ため、「17時までにチャンネルが戻らないと足並み揃えられないぞ」と焦っていたことを明かした。

「誤BANだったとしても、そんな簡単には戻っているイメージはなかった」とし、「やばいんじゃねぇか、大丈夫か」と焦りつつも、「俺が過去に投稿した動画を見ることも出来ないんですよ。動画の一覧を見ることもできないんで、この動画が悪かったんじゃねぇかとか、これがちょっと攻めすぎたんじゃないかとか、そういう事を確認も出来ない」と、チャンネル停止の原因が特定できずに「どうしようもない状態」が続いたという。

YouTubeの担当者に連絡を取っていたが、いつチャンネルが復旧するか分からなかったため、「1か月とかもワンチャンあんのかな」といった不安があったことを語った。「何も出来ない日々が続くぞ、無の時間が、みたいなちょっと半鬱みたいな感じ」になっていたという。翌14日、チャンネルが復活したことを知って「あぁ良かった」と安堵し、「ここ10年ぐらいで一番心がざわついた一日でした」と振り返った。

■「ゲームの内容が、ちょっと引っかかった」

レトルトさんは、チャンネル停止の原因について「半分は誤BAN、半分まぁ、という感じ」と説明した。「グロ」「スパム投稿」「ポルノ的な画像」といった原因を予想している人たちに対しては「基本的にみんなが言ってることは外れていた」とコメントした。「とある動画がよろしくないんじゃないか」といった旨の連絡が来ていたといい、「ゲームの内容が、ちょっと引っかかったっていうか、海外なのかな、の人的にはパッと、これは危ないみたいな感じで、いきなりチャンネル一撃BANみたいな感じにしたらしい」と説明している。

YouTube公式サイトによると、「チャンネルまたはアカウントの停止」となるのは、コミュニティガイドライン違反や著作権侵害があった場合だという。攻撃的、差別的、中傷的な動画やコメントを繰り返し投稿したり、悪質な嫌がらせ行為を一度でもしたり、ポリシーに違反する行為をしたりした場合が、コミュニティガイドライン違反に当たる。誤って停止されたと思われる場合は、YouTube上に記載されたフォームを使用して再審査を請求できる。

レトルトさんは今回の動画で、突然のチャンネル停止に対して「ちょっとやりすぎというかね、普通はないことだったので、そういった意味では誤BANだったといえる」と指摘しつつも、「この動画が原因ですみたいなこと言われて、言いたいことはまぁ分かるな」とも感じたという。

原因となった動画を再審査してもらったところ「何の問題もない動画」になったと明かしたが、「攻めすぎたゲームの内容ではあったので、まぁ今後気をつけようかな」とコメントした。原因となった動画は現在でも公開されているというが、内容については明かさず、「一応名前は言わない形にさせていただきます」とした。「生きた心地がしなかったですね」と振り返った。

また「もしもチャンネルがなくなったとき俺どうするんだろう」などと考えたという。「過去の動画を統合し、チャンネルに新しく投稿していくってことは多分したとは思うんだけど」としつつも、「別に引退はしないと思うけど、少なくともしばらくは週に1、2回投稿してリハビリみたいな感じぐらいから」「一回動画投稿から離れないと気持ちが取り戻せないだろうなぁ」と考えていたという。

今回の騒動が話題になったことに対して「静かに暮らしたい」とし、「何事もなく毎日動画を投稿できることが、一番落ち着いてて幸せなことと気づきました」とコメントした。そして「皆さんお騒がせしました。心配してくれた方ありがとうございました」と感謝の言葉を述べた。

関連記事(外部サイト)