シバター、4630万円誤給付男性に「10年間雇ってやる」 まさかの提案に驚く声「普通にいい大人」

格闘家でYouTuberのシバターさんが、山口県阿武町が誤って振り込んだ新型コロナウイルス給付金4630万円の返還をしていない24歳の男性に驚きの提案をした。

■「お前に待ってるのは生き地獄だ」

5月18日に公開された動画でシバターさんは、問題の男性に対し「お前、何やってんだよ」と切り出し、「『ネットカジノに全部使った』って、今言い張ってるらしいな。そんな嘘、誰が信じるんだよ?」と呼びかけた。

続けて「お前、まだ24歳なんだろ? これからの長い長い人生。その人生を4630万円で捨てるようなものだぞ?」と説き、「金っていうのはな、自分で稼がないと意味がないんだ。その4630万円でお前が高級時計や高級車を買ったとしよう。それを身につけたり、乗り回している君を見ても誰もすごいとは思わない。自分で稼いだ金で高級時計や高級車を買うから『あの人はすごい』とみんなから思われるんだ」と力説した。

さらにシバターさんは、男性の実名が割れているとしたうえで、「どこに行ったってお前は、金をネコババしたやつだって思われてるんだぞ。4630万円で人生を捨てるな。おのれを捨てるなよ」と訴え、「これからの人生どうするんだ? 民事で戦おうとしているが、お前が勝って逃げ切れる保証なんてどこにもないぞ? 裁判に勝っても負けてもお前に待ってるのは生き地獄だ」とその行く末を案じた。

■「お前を4630万円で10年間雇ってやる」と提案

そして「俺に提案がある」として、自身が運営するパチスロ専門のYouTubeチャンネル「パチンコ・パチスロ日本代表ch」で、「パチンコを打たないか?」と勧誘したシバターさん。

男性に向けて「お前を4630万円で10年間雇ってやる。10年間で4630万円の契約だ。俺の株式会社PROWRESTLING SHIBATARの社員として働け。今持ってる金は全部返せ。それのほうがどんだけ幸せか。俺のパチンコチャンネルでパチンコを打つ仕事だ」と提案し、「真面目にお前の返事を待っているぞ。いいか。自分がどういう選択肢を選んだら自分のプラスになるのか、そしてマイナスになるのか、いま一度よく考えてみてくれ。俺はお前に救いの道を一筋示した。選ぶのはお前だ。じゃあ、返事待ってるから」と伝えていた。

コメント欄には「本人の耳に届いて欲しいな」「普通にいい大人で尊敬する」などの声が寄せられている。

関連記事(外部サイト)