人気アイドル「一夜にして今後の活動を見失った」 懲戒解雇Pが「全イベントキャンセル」など暴走か

人気アイドル「東京セラフィム」がプロデューサーを懲戒解雇 神凪星七の卒業発表

記事まとめ

  • アイドルグループ「東京セラフィム」のプロデューサーは様々な契約不履行で懲戒解雇に
  • 解雇を受けプロデューサーは全イベントをキャンセルし怪文書を関係先などに送ったそう
  • メンバーは恋萌よわい、牧乃めい、神凪星七だが、グループは5日に神凪の卒業を発表

人気アイドル「一夜にして今後の活動を見失った」 懲戒解雇Pが「全イベントキャンセル」など暴走か

アイドルグループ「東京セラフィム」が2022年8月3日、プロデューサーを懲戒解雇としたことをツイッターで発表した。

■「様々な契約不履行が発覚した為」

東京セラフィムは、「世界を救うため東京に降臨した救済系熾天使アイドル」をコンセプトとして活動する人気地下アイドルグループだ。2021年5月にデビューし、活動を続けてきた。

グループを運営するエンターネクストプロダクションは、8月3日にグループ公式ツイッターを更新し、7月31日付けでプロデューサーを懲戒解雇したと発表した。理由については「訴訟を辞さない内容なのでこちらではお伝え出来ませんが、様々な契約不履行が発覚した為です」としている。

続けて「弊社としては断じて許すことはできず、何より、真っ直ぐに活動と向き合ってきたメンバーへの裏切り行為と判断し厳重な処分を下しました」とした。

懲戒解雇処分を受けたプロデューサーの暴走もあったという。

「(編集部注:プロデューサーは)本件の通告を受けた後の8月2日16:00に、突然業務の引き継ぎを放棄し、『現在決定している全てのイベントをキャンセルした』と宣言。事務所及びグループの信用を落とす怪文書をメンバー、関係各所に送り付け、混乱を招き、公式Twitterに一時的にログイン出来なくさせる、などと不誠実な行動に出ました」

一連の行動により「翻弄された私たち東京セラフィムは、一夜にして今後の活動を見失いました」としている。

イベント出演交渉の連絡は処分を受けたプロデューサーが全て担当していたことから、「主催者様には大変ご迷惑をお掛けしたことをお詫び申し上げます」とした。

■メンバー1人は卒業

「ファンの皆様、関係者の皆様には多大なるご心配とご迷惑をお掛けしまして大変申し訳ございません」と謝罪。グループの今後について「今はメンバーの心のケアを第一に考え、今後の活動予定につきましてはメンバー、スタッフ一同で話し合いをし、追ってご報告とさせていただきます」としている。

メンバーの恋萌よわいさんは3日、お知らせを引用し「確認よろしくお願いします これからも一生懸命頑張るので、応援よろしくお願いします」としたほか、「心配かけてごめんなさい もっともっと頑張るしまだまだ叶えたい夢もやりたい事もたくさんある! 1人じゃ不安です、、一緒にいてね すぐ会えるように頑張ります 待っててね、、」とツイートした。

牧乃めいさんは同日「確認よろしくお願いします。不安な気持ちにさせてしまって申し訳ございません。私はアイドルをやめるつもりはないので、どうか安心してほしいです。これからもよろしくお願い致します」としている。

神凪星七さんは同日「心配かけてごめんね。今決まってるライブは無いと思います。楽しみにしてくれてた方ごめんね とりあえずTGIFで会いましょう!」としていた。

だが5日、グループは公式ツイッターで神凪さんの卒業を発表した。発表文で神凪さんは「本当はまだまだいろんな景色をみんなと見たかったのに、こんな形でお別れになってしまってごめんなさい」「本当にみんなのことが大好きです」などとつづっている。ツイッターでも同日「悲しいお知らせになってしまってごめんね。東京セラフィムとして活動したかったけどいろいろ考えた結果、この選択をさせて頂きました。心から大好きなグループでした」としている。

関連記事(外部サイト)