「宝物がどーの言われても」 ちむどんどん、結婚反対の義母説得も...「愛するオルゴール」破壊でシラケた声

『ちむどんどん』で鈴木保奈美演じる重子が結婚を認める Twitterではシラケた声

記事まとめ

  • 『ちむどんどん』で黒島結菜演じる比嘉暢子の結婚をめぐる展開となっている
  • 鈴木保奈美演じる重子が結婚に反対していたが、8月9日放送回でついに結婚を認めた
  • しかし、暢子の兄・賢秀が重子の愛するオルゴールを壊しており、シラケた声が出ている

「宝物がどーの言われても」 ちむどんどん、結婚反対の義母説得も...「愛するオルゴール」破壊でシラケた声

2022年8月9日放送のNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」で、ヒロイン・比嘉暢子(黒島結菜さん)と青柳和彦(宮沢氷魚さん)との結婚を、反対していた和彦の母・重子(鈴木保奈美さん)がついに認めた。そのカギとなったのが重子の大切な「宝物」だった。

しかし前日には、暢子の兄・賢秀(竜星涼さん)が重子の愛するオルゴールを壊してしまう場面が放送されている。視聴者からは「オルゴールは、壊したままで良いの?」などといった声が寄せられている。

■「きっと、どちらも大切な宝物のはずです」

暢子は重子に結婚を認めてもらうため、自身の職場であるイタリアンレストラン「アッラ・フォンターナ」に招待した。重子がフォンターナを訪れるのは2回目。初回はならず者による騒動があり、料理の途中で店を去ってしまっている。

今回は店を貸し切り、和彦と重子のために特製メニューを提供。魚肉ソーセージのゼリー寄せ「ソップレッサータ」や、海老の頭が入った「秋のミネストローネ」、鯨の肉を用いたミラノ風カツレツ「コトレッタ・アッラ・ミラネーゼ」などをふるまった。いずれも戦後の闇市で食べられていた料理をイメージしている。

重子は「懐かしい!」と声を上げ、「毎日お腹を空かせてた終戦直後の...。父さんとよくいった...闇市の味」と戦後の暮らしを振り返り始めた。

「何年かして闇市は『マーケット』と名前を変えて。あなた(和彦)を連れて3人で出かけてはまだこういう料理を食べていたわ。おいしくなかったのよ、今考えるとね」

そして涙ぐみながら「でもあのころ、それが美味しかったの」などと語り、当時が自身の人生の中で一番幸せな時期だったかもしれないと振り返った。

暢子は自分の家族やフォンターナで過ごした時間が宝物だと語り、「重子さんにも大切な思い出、宝物があって、うちとは全然違うものだと思います。でも、きっと、どちらも大切な宝物のはずです」と語りかける。

暢子が「重子さんの大切な思い出の味を作れたらと思いました」と料理への思いを告げると、重子は「披露宴はイタリア料理でお願いしますね、あと沖縄料理も食べさせてもらいたいわ」と2人の結婚を認めた。

■「人の大事な物を平気で壊す比嘉家の人間に...」

ツイッターでは、前日に放送された場面を引き合いに複雑な声が寄せられている。

「昨日が酷すぎたおかげでシラーっとした目線でしか見れなかった。人の大事な物を平気で壊す比嘉家の人間にお互いの宝物がどーの言われても」
「その素晴らしい家族とやらが昨日、重子宅にアポなしで押しかけてオルゴール壊して怒鳴り散らして騒いだんだけど」

前日の放送では、重子を説得するために比嘉家の長男・賢秀と長女・良子(川口春奈さん)が青柳家に押し掛ける様子が放送されている。

警戒する青柳家のお手伝いさんに条件付きで訪問が許されるも、賢秀は重子のオルゴールを壊してしまう。番組公式サイトでは重子について「中原中也の詩とオルゴールをこよなく愛する」と説明がある。さらにこの場面では、賢秀と良子は重子が制止しても喧嘩を続け、感情的になったあまり重子に対し暴言を浴びせたり怒鳴ったりしてしまった。

2人は家を追い出された後、自らの行いを悔やみながら暢子に電話する。しかし暢子は青柳家での騒動を知らない様子だった。10日の放送でフォンターナに訪れた重子もこの騒動について言及しなかった。

関連記事(外部サイト)