芸能人の寝坊伝説 古谷有美アナも「仲間入り」

芸能人の寝坊伝説 古谷有美アナも「仲間入り」

芸能人の寝坊伝説 古谷有美アナも「仲間入り」の画像

TBSの古谷有美アナウンサー(30)が2019年3月4日、情報番組「ビビット」(TBS系)の中で、2日前に起こした「過ち」について謝罪した。

国分太一さんからは「今日は起きれたんですね」

番組序盤、昨年9月に亡くなった樹木希林さん(享年75)の著書『一切なりゆき 樹木希林のことば』の特集が終わった8時25分すぎのこと。画面がスタジオに切り替わると、MCの国分太一(44)が古谷アナに「古谷さん、きょうは起きれたんですね。おはようございます」と挨拶した。

古谷アナといえば、2日前の3月2日放送の同局のラジオ番組「土曜朝6時 木梨の会。」を「寝坊」で欠席して話題に。このため、国分さんからのキラーパスを受けた古谷アナは、深々と頭を下げつつ、「おはようございます」と一言。「先週の土曜日、ラジオの番組を寝坊するという、人としてあるまじき過ちを犯してしまいまして、大変皆様にご迷惑をおかけしました」と謝罪した。

謝罪の最中にはほかの番組出演者から笑いが漏れるなど、国分さんのイジりによって救われた形となった古谷アナ。出演中はほかの出演者からもイジられるなど、この日は「寝坊キャラ」として出演する羽目となった古谷アナだが、その古谷アナの口から出た「人としてあるまじき過ちを犯してしまいまして」というフレーズが視聴者の心をつかんだようで、ネット上には、

「そんなに寝坊って大層なことなん?人なら誰だって寝坊するでしょ。そんなに謝らんでもいいんじゃないのー?」

といった、古谷アナを擁護するツイートが続々。ほかにも、

「本当は面白がっちゃ行けないんだろうが、次回の #木梨の会 が楽しみすぎる」と、「木梨の会。」の次回放送で、古谷アナの遅刻が寝坊がネタになることを期待する声もある。

常習犯でなければ、ネタにできるのが「寝坊」

「人としてあるまじき過ち」というよりは「社会人としてあるまじき過ち」と表現した方が適切であろう「寝坊」。その寝坊といえば、これまでにも数々の有名人が「過ち」を犯してきた。

2013年の元日に放送された「爆笑ヒットパレード」(フジテレビ系)では、千鳥のノブさんが寝坊によって番組を5時間遅刻。この日は東京のフジテレビで生放送される同番組に出演しなければならなかったにもかかわらず、ノブさんが大阪の自宅で目を覚ましてテレビをつけると、自分の1つ前の出演者がネタを披露していたという。

番組は7時間半にわたる長時間の生放送番組だったため、ノブさんは着の身着のまま新幹線に乗車。本来の入りの時間よりも5時間遅れて番組に到着すると、すでに現場に到着していた相方の大悟さんと共に、自らの遅刻にちなんだ漫才を披露。2人そろっての土下座の後、大悟さんは「遅刻キャラはどちらかというと俺やろ!」「何でもいいから面白いこと言えや!」などと、言葉が出てこないノブさんをイジり倒した。なお、同番組は正月恒例の生放送番組だが、2018年の元日にはハライチの澤部佑さんが20分にわたって遅刻。スタジオに現れるや、「本当に普通のシンプルな寝坊です」と恐縮しきり。相方の岩井さんが、「フジテレビはこういうの1年中いじるから」と相方の失敗を笑いに変えていた。

ほかにも、芸能人の寝坊・遅刻エピソードは枚挙にいとまがない。常習犯でない限り、遅刻や寝坊はむしろネタに出来るのが実情だろう。恐縮しきりだった古谷アナも、今回の「過ち」を「武勇伝」に変えてしまって良いのではないだろうか。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)