翡翠色に輝く熱帯の花「ヒスイカズラ」、4月中旬まで見ごろ

翡翠色に輝く熱帯の花「ヒスイカズラ」、4月中旬まで見ごろ

翡翠色に輝く熱帯の花「ヒスイカズラ」、4月中旬まで見ごろの画像

小田原フラワーガーデン(神奈川県小田原市)では2019年4月7日現在、「ヒスイカズラ」が見頃を迎えている。ヒスイカズラは宝石の「翡翠」のような色鮮やかな花を咲かせる熱帯のつる性植物。フィリピンのルソン島など限られた場所にしか自生しておらず、現地では絶滅が危惧されている。

見頃は4月下旬まで

ヒスイカズラが見られるのは、小田原フラワーガーデンの「トロピカルドーム温室」。長いもので1メートル以上にもなる花穂を、手で触れられるほど間近で観察することができる。

大小含め約90個の花芽が次々に開花しており、見頃は4月下旬までを予想しているという。

「トロピカルドーム温室」のエントランスでは、ヒスイカズラの苗が数量限定で特別販売している。「トロピカルドーム温室」育ちの状態の良い株で、価格は10000円。付属する植栽リーダー監修の育て方シートには一般家庭での育て方も記載されるようだが、やはりきれいに花を咲かせるためには温室が必要という。

トロピカルドーム温室の入園料は大人200円、小・中学生100円。

開園時間は9時から17時。入館は16時30分まで。

小田原フラワーガーデン自体の入園料は無料。