ゲス川谷に「現実突きつけないで!」 GWさなかの「ゲス」発言に悲鳴

ゲスの極み乙女。川谷絵音の"GWツイート"に反響の声 「現実に引き戻す作戦ですね」

記事まとめ

  • ゲスの極み乙女。川谷絵音のツイッターでの発言が、ファンの間で話題だそう
  • 川谷は「10連休だろうとなんだろうと明けたらまた学校や会社が始まります」と綴った
  • 川谷は、ベッキーとの不倫騒動など「お騒がせキャラ」が確立されつつあるという

ゲス川谷に「現実突きつけないで!」 GWさなかの「ゲス」発言に悲鳴

ゲス川谷に「現実突きつけないで!」 GWさなかの「ゲス」発言に悲鳴

ゲス川谷に「現実突きつけないで!」 GWさなかの「ゲス」発言に悲鳴の画像

ロックバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さん(30)のツイートがファンの間で話題だ。

川谷さんは2019年4月30日の未明に、「10連休だろうとなんだろうと明けたらまた学校や会社が始まります!!!!」とツイート。前後のツイートやリツイートとの関連は薄いとみられ、唐突に放った一言のようだが、それでも、当該ツイートにはファンからのさまざまな反応が寄せられている。

「久しぶりに絵音くんを批判したい気持ちになりました」

あるアカウントは「なんてこと言うんですか夢見させてください...週間天気予報で7日が見えるとゾッとします」と、連休明けの5月7日を意識させられたことにビックリしたとの反応をリプライで送付、ほかにも、

「現実を突きつけないでください!」
「フォロワー減っちゃいますよ!」
「久しぶりに絵音くんを批判したい気持ちになりました」

と、不快な気持ちになったとする抗議の声も続々だ。また、「明けない連休は無い」「さすがツイッタラー川谷絵音 現実に引き戻す作戦ですね」と、川谷さんを「持ち上げる」書き込みも見られる。このほか、「バイト入れすぎて休み全然ないです」「10連休だろうとなんだろうとサービス業はずっと始まってます!」と、連休など関係ないとする書き込みも寄せられている。

令和になってもお騒がせ?

川谷さんといえば、2016年1月に「週刊文春」によって報じられた、タレントのベッキーさん(35)との不倫が大きな話題に。ベッキーさんが激しいバッシングを受ける中、一方の川谷さんはバンドとしての活動が大きく注目されたため、アンチからは「焼け太りだ!」「ベッキーを利用してゲスい!」などの批判が寄せられる事態に。その後も同年9月には、当時未成年だったタレントのほのかりんさん(22)とバーにいたとして大きな問題になるなど、「お騒がせキャラ」としての話題が次々と噴出した。

また、今年に入ってからは、2月にベッキーさんが巨人の片岡治大コーチ(36)との結婚を発表した際に、「泣き真似」のようなポーズを決めた川谷さんの写真が、歌手の米津玄師さん(28)のツイッターから公開され、「不謹慎だ」といった批判が殺到。本業の音楽以外でもすっかり、「芸風」が確立されつつある。

平成末期に確立した「お騒がせキャラ」は、令和になっても安泰か......。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)