松井珠理奈、ついに「本格復帰」? 1年越し「公約実現」

松井珠理奈、ついに「本格復帰」? 1年越し「公約実現」

松井珠理奈、ついに「本格復帰」? 1年越し「公約実現」の画像

SKE48の松井珠理奈さん(22)が2019年5月4日、名古屋市内で行われた「ナゴヤ・エキトピアまつり」のオープニングパレードに登場した。

松井さんは18年に行われたAKB48グループの選抜総選挙で、1位になった際の公約として「名古屋でパレード」を掲げていた。ところが、18年6月の開票イベント直後に体調を崩し、約3か月間にわたって療養。約1年越しの公約実現となった。

半年前には「今は弱い私ですが...」と涙流す

18年10月に行われたSKE48の「10周年特別記念公演」では、中盤のソロ曲で「今は弱い私ですが...」などと話しながら涙を流し、「体調が回復されたということであります。エース復活ですね!」という愛知県の大村秀章知事のビデオメッセージに、手を横に振って否定するしぐさを見せた松井さん。まだまだ本調子ではなかったようだが、それから半年が経った今回のパレードでは一転、満面の笑顔を見せた。

「ナゴヤ・エキトピアまつり」は名古屋駅前で19年4月29日から5月5日にかけて開催。松井さんは5月4日に開幕した「エキトピアパレード」のスペシャルゲストとして登場した。総選挙の結果を踏まえて発売されたAKB48の楽曲「センチメンタルトレイン」の衣装に身を包み、大村知事、名古屋市の河村たかし市長と白いオープンカーに乗って沿道に笑顔をふりまいた。オープンカーは全長約360メートルのコースを約15分かけてゆっくり通過。1万2000人(主催者発表)の観客からは、「じゅりなー!」という声もあがった。

「何か大きな話題を作れるように...」

 

松井さんは、

「大村知事、河村市長と一緒にこんなパレードができるなんて、夢のよう」と大感激。今後は、SKEのメンバーでパレードが実現できる程度に「何か大きな話題を作れるように頑張って活動していきたい」と意気込んだ。

松井さんは先月に演劇「SKE48版『ハムレット』」に出演したほか、初の冠番組「声の恋人松井珠理奈です」(CBCラジオ)もスタート。5月25日に愛知県蒲郡市でイベント、5月29日には名古屋市内でコンサートも控えており、精力的な活動が続く。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)