常盤貴子、葵祭に参加する 遠目でもわかる「優雅な着物姿」にファン拍手

常盤貴子、葵祭に参加する 遠目でもわかる「優雅な着物姿」にファン拍手

常盤貴子、葵祭に参加する 遠目でもわかる「優雅な着物姿」にファン拍手の画像

女優の常盤貴子さん(47)が2019年5月15日にインスタグラムで、京都三大祭りのひとつである葵祭に参加したことを明かした。

葵祭は平安時代から続く歴史ある祭りで、「源氏物語」にも登場するなど、京を代表する行事として知られている。

「紫の上の役をやらせていただいたご縁で...」

2001年公開の映画「千年の恋 ひかる源氏物語」で紫の上を演じていた常盤さん。「源氏物語」の中には光源氏と紫の上が葵祭を観覧する場面もあるが、常盤さんはインスタグラムで、

「光源氏物語・千年の恋で、紫の上の役をやらせていただいたご縁で、初めての葵祭へ」

と、映画の縁から葵祭に参加したことを明かした。

常盤さんは葵祭で下鴨神社での「社頭の儀」で参列者代表として参拝したが、

「京都人の密かな愉しみでも撮影させていただいた下鴨神社。ますます好きになりました」
「貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました」

と関係者に感謝。ポストでは下鴨神社で、着物姿で深く頭を下げている自身の写真を投稿しており、

「令和初の葵祭ということで、五穀豊穣と、皆さまの安寧を御祈願」

とつづっていた。

写真は遠景だが、この投稿にファンからは、

「佇(たたず)まいが本当に美しいです」
「着物姿も優雅で綺麗すぎる」

といった声が集まっていた。