「思いつきで知事選に」 東国原氏、OA後の鳥越氏発言を暴露

「思いつきで知事選に」 東国原氏、OA後の鳥越氏発言を暴露

「思いつきで知事選に」 東国原氏、OA後の鳥越氏発言を暴露の画像

都知事選で落選したジャーナリストの鳥越俊太郎さん(76)がテレビの生番組で「選挙に勝つ自信が無かった」との発言に、前宮崎県知事の東国原英夫さん(59)が「有権者や支持者に失礼だ!あなたは選挙戦に出る資質に欠けている」などと大激怒し話題になった。

さらに、その番組の終了後、東国原さんのツイッターでのつぶやきがまた注目を浴びることになった。鳥越さんから「貴方の言う通りだ 僕は、思い付きで都知事選に出馬した」と打ち明けられたのだという。

「鳥越さん、あなたは選挙戦に出る資質に欠けている」

東国原さんと鳥越さんが出演したのは2016年10月7日放送のフジテレビ系情報番組「バイキング」で、「今だから話せる都知事選の舞台ウラ」という特集があった。この特集に入る前から東国原さんは鳥越さんに対して敵意をむき出しにする喧嘩腰だった。

「それまで尊敬していたがガッカリした。都知事選への出馬や選挙の戦い方、政治行政の選挙をなめている!!!」

と、つかみかからんばかりの勢いだった。

まず立候補を決めた時期と理由は何だったのかと質問された鳥越さんは、7月10日の参議院選の投開票で与党が大勝し、都知事まで与党になった場合は安倍政権の進める憲法改正論一色になってしまう。それを阻止するため11日に民進党の議員に電話し、出馬する意向を伝えた、と説明した。出馬締め切りの3日前のことだ。そして、選挙に勝つ自信はあったのか、については、

「自信は無かった」「小池さんは選挙戦のずっと前からずっと準備をしていて、それをずっとテレビで追っていた。僕はダメだね」

などと語った。出馬が決まってからは勉強をしたが、もともと出馬をするつもりは無かったから政策もそれから考えた、とも打ち明けた。

東国原さんはそれに対し、締切直前に出馬を決めるのは言語道断であり、本来なら覚悟を持ち政策を持ちそれを練って練ってそれから手をあげるものだ、と激しく噛みついた。そして鳥越さんが落選した原因の7割、8割は鳥越さんにある、とし、

「選挙戦に出る資質に欠けている」

と一刀両断し、憲法改正を阻止するために知事になろうなどという理論は成立するわけはない、と叫ぶ東国原さんの剣幕にスタジオ内が凍り付いたようになった。

「そこを突かれると万歳・お手上げ」

東国原さんの怒りは収まることなく番組は終了したが、その後、東国原氏は8日未明になってツイッターでこうつぶやいたのだ。

「本日、CX『バイキング』の生OAが終わった後、鳥越氏が握手を求めて来た。そして、『実は、貴方の言う通りだ。僕は、思い付きで都知事選に出馬したから、そこを突かれると万歳・お手上げだんだよ』と言われた。返す言葉が無かった」(原文ママ)

どうやら、議論した意味は無かったとし落胆したようだ。

鳥越さんの出馬についてはネット上でも色んな意見がこれまでも出ている。東国原さんのツイッターには、

「本当かよ! ふざけた話!」「なんかひどいですね。宇都宮弁護士が可哀相ですよ。そして、都知事選で鳥越氏に投票した有権者も可哀相です」「このツイートを読んだ僕も言葉が無い。。鳥越氏...。あんな落選の後に平気でコメンテーターとしてTVに顔を出せる精神はこれか」「確かに東さんの言う通りだと思います。 しかし、鳥越さんの、何とかしないといけない、という想いは理解できます。 年齢的にも、最後の行動力を発揮した鳥越さんの想いは尊敬したい」

などといったコメントが寄せられている。