ゆるキャラ「にゃんごすたー」の超絶ドラムテク 動画ツイッターが15万件拡散

ゆるキャラ「にゃんごすたー」の超絶ドラムテク 動画ツイッターが15万件拡散

ゆるキャラ「にゃんごすたー」の超絶ドラムテク 動画ツイッターが15万件拡散の画像

青森県黒石市のゆるキャラ「にゃんごすたー」のドラム演奏テクニックが、「全然ゆるくない」とインターネット上で話題を呼んでいる。

地元の名産であるリンゴをイメージしたのか、ふっくらとした丸っこいフォルムが特徴のにゃんごすたー。体は真っ赤で、頭にはリンゴのヘタとネコミミがついている。そんな可愛らしいキャラクターのウリは、専門誌の編集者も唸る「超絶ドラミング」だ。

X JAPANの「紅」演奏で「YOSHIKIより上手い」

にゃんごすたーのドラムさばきが注目を集めるきっかけとなったのは、あるツイッターユーザーが2016年10月15日にアップロードした1本の動画だ。

「ファンシーな見た目から馬鹿みたいなテクニック」――。投稿者がこんなコメントともに投稿したのは、にゃんごすたーが人気ロックバンド「X JAPAN」の代表曲である「紅(くれない)」のドラムを演奏する映像だ。

目にもとまらぬ早さでスティックを縦横無尽に動かし、猛烈な勢いでドラムセットを叩き続けるにゃんごすたー。ふっくらとした愛らしい見た目の「ゆるキャラ」が、全身を激しく動かしてドラムを叩くという「ギャップ」から、この動画はネット上で大きな注目を集めることに。

この投稿は、17日15時時点で14万回以上のリツイート、15万件以上の「いいね」を集めるなど爆発的に拡散。ツイッターやネット掲示板には、

「全然ゆるくない ドラムの演奏レベルすごすぎる!!」
「着ぐるみでこれだけ叩けるとかどう考えてもプロ」
「ドラムテクニックと見た目のギャップで笑う」

といった感嘆の声が広がっている。なかには、X JAPANのドラマーであるYOSHIKIさんを引き合いに、「青森のYOSHIKIだな」「YOSHIKIよりも上手いんじゃないか」といった書き込みも目立った。

今回にゃんごすたーが「紅」を演奏したのは、15日に青森市で行われた野外音楽イベント「ROCK N AOMOROLL(ロックンアオモロール)」のステージだ。イベントの企画・運営に携わった青森公立大学の男子学生は17日のJ-CASTニュースの取材に対し、

「にゃんごさんのステージが、イベントの中で一番観客が多かったんじゃないでしょうか。少なくとも100人以上はいましたね。ドラムの演奏だけでなく、コミカルな動きで会場の笑いをとるなど、圧巻のパフォーマンスでしたね」

と会場の盛り上がりを説明する。

ドラム・マガジン編集部「どうやって叩いているんだ!」

にゃんごすたーが本格的に活動を始めたのは15年7月ごろ。青森県内の音楽フェスなど数多くのイベントに出演しており、地元での知名度は徐々に高まっている様子だ。16年1月29日には、青森テレビのローカル番組「わっち!!」への出演も果たした。

ドラムのレパートリーは「紅」だけではないようで、公式Youtubeチャンネルには、米ハードロックバンドの「Mr.BIG」や、米ヘヴィメタルバンド「Slipknot(スリップノット)」の楽曲を演奏する動画もアップされている。

さらに、ドラム専門誌の「リズム&ドラム・マガジン」が主催するドラムコンテストにも参加しており、セミプロや過去のコンテスト入賞者を対象とした「マスター・コース」で、二次審査を突破。審査員を務めるプロのドラマーも、その腕前を認めているようだ。

「リズム&ドラム・マガジン」編集部はJ-CASTニュースの取材に対し、

「着ぐるみに目を奪われがちですが、演奏自体も相当なレベルですよ。パフォーマンスを加味した部分があることは確かですが、決してイロモノ枠というわけではありません。確かなテクニックを持っているだけでなく、ドラミングのアプローチも応募者の中では『異質』で、演奏面を高く評価しての二次審査突破になります」

と話す。その上で、「初めて映像をみたときは、うちの編集部でも『どうやって叩いているんだ!』とちょっとした騒ぎになりましたよ」と笑っていた。

インターネットで急速にファンが拡大していることについて、にゃんごすたー「本人」は17日のJ-CASTニュースの取材に対し、

「びっくりなんですけど、マジで嬉しいッス」

と一言。ドラムの演奏テクニックに驚きが広がっていることについては、「腕が短くてシンバルに届かないこともあって大変です。あと、夏場は本当に地獄ッス」と話していた。

名前の由来については「もちろん、ビートルズのリンゴ・スターからとっています」と説明。名付け親は、にゃんごすたーのバンド仲間だそうだ。