黒田引退でテレビ新広島「達川トーク」2時間 異例特番に全国から視聴希望殺到

達川氏の饒舌トークに絶賛

黒田引退でテレビ新広島「達川トーク」2時間 異例特番に全国から視聴希望殺到

黒田引退でテレビ新広島「達川トーク」2時間 異例特番に全国から視聴希望殺到

黒田引退でテレビ新広島「達川トーク」2時間 異例特番に全国から視聴希望殺到の画像

広島カープの黒田博樹投手が現役引退を発表した2016年10月18日、地元テレビ局のテレビ新広島(TSS)が急きょ午後7時から2時間の緊急特番を組んだ。黒田投手の引退会見を生放送する企画だ。ところが会見は7分程度で終了してしまう。

スタジオにカメラが戻るとそこに居たのは広島カープの元正捕手・達川光男さん(61)だった。ツイッターでは「1時間50分を達川で持たせるのか?」などといった悲鳴が上がった。結果的に平均視聴率は19・2%(ビデオリサーチ調べ、広島地区)。よほど面白かったのか「達川のワンマンショー」などと騒がれ、「1000円払っても見たい」などと番組のネット配信を希望する声まで出ている。

黒田会見が7分で終了してしましい...「達川が放送事故ばりに饒舌にフリートークしていてお腹痛いwww このままあと1時間以上も達川が喋り続けるの?」
「達川光男トークショー 前座:黒田博樹」
「あのね あのね あのねのねー 達川劇場だぁ」
「黒田引退特番ですか?いいえ達川トークショーです」

広島県内の人たちなのだろう、ツイッターで達川さんを絶賛するこんなツイートが大量に出た。実は、会見が7分ほどで終わり、その後の囲み取材にTSSのテレビカメラが入って行けなかったため、残り時間を番組はどうするのかと心配になった視聴者は多かった。そして、この日の番組のスタジオゲストは達川さん1人だった。その達川さんが番組終了まで暴れまくった。黒田投手の写真が出るとイスから立ち上がりデスクに腰掛けて解説したり、黒田投手の入団時のモノマネも披露した。

「SMAPの木村拓哉と黒田 どっちがかっこいいか?」

などのアンケートを取りたいと語ったり、手書きの「耐雪梅花麗」(ゆきにたえてばいかうるわし)というプラカードをしつこく何度も出して、これが黒田投手の好きな言葉でそれを実践してきたと説明し、アナウンサーが2人いるにもかかわらず、完全に番組を仕切っていた。

「今のところ再放送も、ネット配信も予定はありません」

番組が終わると、

「ほぼ達川だけで2時間乗り切った tss オカシイw」
「今年一番おもしろかったテレビ番組はTSS黒田博樹引退特番(達川光男独演会)」

などのツイートが出て盛り上がったため、番組を見る事が出来なかった人たちからは、「俺も見たかった」などの大合唱がツイッターなどに起こり、

「こういう番組こそネットで見られるようにして欲しい」
「1000円払ってもいいから配信してくれ!」

などといった要望も出た。

J-CASTニュースが16年10月19日にTSSの編成部に取材したところ、やはり、

「ここまで会見が短いとは思っていなかった」

と打ち明けた。15分〜20分、長ければ30分と予想していたという。このため、黒田投手の会見は3回繰り返して放送した。

ただし、TSSは周到な準備をしていたため不安は無かったそうだ。その準備というのは黒田投手のこれまでの軌跡を紹介する映像と、2人のアナウンサー、そして達川さんだ。達川さんは野球中継の解説をTSSで担当しているなど信頼関係がある。また、黒田投手に対する思い入れが強く、交流を通じての多くのエピソードを持っており、番組内で活躍してくれるのは織り込み済みだった、ということらしい。

高視聴率が取れたのは達川さんのトークもそうだが、番組自体が、黒田投手の会見をリアルタイムで見ることができなかった視聴者にも録画で見てもらえるように2時間枠を取ったという経緯があり、番組全体を通して見てもらえたのではないか、と話している。

なお、TSSは、ネット上で番組の配信を希望している声が盛り上がっていることに対しては、

「今のところ再放送も、ネット配信も予定はありません」

と話している。