父親に「思い出のガンプラ」捨てさせる テレビの企画に「見ていて辛かった」

テレビ東京『今日で捨てましょう!』で、父親に『思い出のガンプラ』を捨てさせ物議

記事まとめ

  • テレ東『今日で捨てましょう!』に、「父のガンプラを捨てて欲しい」との依頼が入った
  • 父親は思い出があると訴えたが、家族や千原ジュニアら出演者は捨てるように強要した
  • これに対し、視聴者から「見ていて心の底から辛かった」などの批判が殺到している

父親に「思い出のガンプラ」捨てさせる テレビの企画に「見ていて辛かった」

父親に「思い出のガンプラ」捨てさせる テレビの企画に「見ていて辛かった」

父親に「思い出のガンプラ」捨てさせる テレビの企画に「見ていて辛かった」の画像

父親が大切にしている「思い出のガンプラ」を、家族や芸能人が寄ってたかって「捨てる」よう強要する――。2017年7月1日放送のバラエティー番組『今日で捨てましょう!』(テレビ東京系)で、こんな場面が放送され、インターネット上で物議を醸している。

番組では、ガンプラを捨てたくないと主張する父親に対し、出演者らが「死んだらただのゴミ」などと説得していた。こうしたシーンを見た視聴者から、「こんな酷い番組、生まれてはじめて見ました」など不快感を示す声がネット上に相次いでいるのだ。

「私にとっては価値があるものなんです」

『今日で捨てましょう!』は、テレ東系の『土曜スペシャル』枠で7月1日に放送された特別番組。「捨てたくても捨てられないモノを今日で捨てましょう!」をコンセプトに、廃品回収ワゴンに乗り込んだ出演者が一般視聴者からの依頼に応えていく内容だ。

その中で取り上げられたのが、「父親のガンプラを捨てて欲しい」という依頼だ。これをリクエストしたのは娘(10)と妻(44)で、捨てたい理由については「けっこう古いし、ホコリも被っているから」と説明していた。

この依頼を受け、お笑い芸人の千原ジュニアさんら出演者は父親(52)の元へ。ジュニアさんが「(家族が)ガンプラ捨てたいって言ってます」と単刀直入に切り出すと、父親は、

「いや、えっ...!? どんな話になってるんですか?」

と困惑。続けて、「全然ありふれているものなんで、価値はないと思います」としつつも、「私にとっては価値があるものなんです」と訴えていた。

そこで出演者らは、鑑定人とともにこの一家の自宅へ向かい、ガンプラの価値を鑑定することに。父親が集めた段ボール1箱分のガンプラは、いずれも組み立て前の未使用品だったが、鑑定の結果はいずれも数百円とされた。

こうした結果を踏まえて、家族や出演者が改めて「ガンプラを捨てるよう」求めると、父親は、

「価値がないのは分かっているんですけど、自分なりの思い出があるので...」

とポツリ。さらに父親は「いつか作る機会が来る」とも続けたが、妻と娘は「(作る機会は)ないと思う」「100円でも売っちゃえ」などと説得を始めた。

「不快感以外何も感じなかった」

ガンプラの処分に渋る夫に対し、妻は「このまま持っていても、どうせ(夫は)ちょっと先に死ぬだろうから。死んだらもう、ただのゴミでしょ」と痛烈な一言。これには父親も、

「死ぬまで持っててよ、とりあえず...」

と泣きを入れたが、それでも出演者や家族の攻勢は止まらず。最終的には、「何とかお願いします」「そもそも、なんで責められなきゃいけない」と懇願を繰り返す父親の気持ちを踏まえ、持っているガンプラの中から「1つだけ」捨てることに。

捨てることになったのは、コレクションの中で「ダブっている」という2個のガンプラのうち一つ。これは父親が「宇宙用」と「地上用」に作り分ける目的で二つ購入していたものだったが、「じゃあ一ついらないじゃん」といった出演者らの指摘を受け、処分が決まった。

こうしたやり取りを受け、視聴者からはツイッターやネット掲示板に、

「不快感以外何も感じなかった」
「見ていて心の底から辛かった 嫁さんと子供は自分の好きな物を捨てられたらどう思うのだろうか...」
「いるいらないの問題じゃないでしょ。。 本人が大事にしてるものを何でそんなぞんざいに扱うの?」

といった反応が殺到。さらには、テレビ東京の公式ツイッターアカウントに対し、「とても不愉快な番組でした」「こんな酷い番組、生まれはじめて見ました」といったリプライ(返信)を送るユーザーも続出しており、いわゆる「炎上」状態となっている。

J-CASTニュースは7月3日昼、今回の番組内容に批判が出ていることについて、テレビ東京に取材を申し込んだが、

「担当者が不在にしている」

として、同日18時時点で回答はない。