連勝止まった藤井四段へ ひふみんが贈った「含蓄」ある言葉

連勝止まった藤井四段へ ひふみんが贈った「含蓄」ある言葉

連勝止まった藤井四段へ ひふみんが贈った「含蓄」ある言葉の画像

将棋の藤井聡太四段(14)の連勝記録が29で止まった2017年7月2日、先月20日に現役を引退した加藤一二三・九段(77)がツイッターで激励のメッセージを送った。

63年もの長きにわたって棋士として勝負の世界を生き、酸いも甘いも噛み分けた加藤九段だからこそ伝えられるエールに、多くの人が感動を覚えているようだ。

「勝負はつねに 負けた地点から」

加藤九段は藤井四段の投了からおよそ1時間後、

「棋士人生はまだまだこれから! いま始まったばかり」

という書き出しで始まるメッセージを自身のツイッターに投稿した。その言葉には、棋士生活を終えたばかりの加藤九段だからこその重みがある。

続けて、勝負の世界を生きていく藤井四段に対し、

「勝負事には、勝ちか負けの二択しかない」

と、厳しい現実を突き付けながらも、

「だからこそ、つねにその先にあるものを見据えて 観る人びとの魂を揺さぶる、後世に残る棋譜を紡いでいただけたらと願う」

と声援を送った。さらに、その次に投稿した

「人生も、将棋も、勝負はつねに 負けた地点からはじまる」

というツイートには、2度の20超連敗を含む歴代最多の1180敗を喫した加藤九段ならではの説得力がある。

ファンら「人生の糧にしたいです」

加藤九段は6月30日の引退記者会見で、

「職業棋士としての存在は、立派な将棋を指してそれをですね、ファンの方々に大きな喜びを与えることに尽きると思って」

と、棋士のあるべき姿を示している。自身が積み上げた1324勝のうち90%が「名局」であり、それらはバッハやモーツァルトが遺した名曲のように、何百年経っても人々の感動を呼ぶという。加藤九段のメッセージからは、藤井四段ら「偉大なる後輩棋士たち」にもそうした「名局」を指して欲しい、という願いと期待が感じられる。

これらの含蓄に富んだ金言に対しては、

「さすが加藤先生言葉の重みが違いますね!!」
「含蓄のあるお言葉、人生の糧にしたいです」
「さすがひふみんの言葉には含蓄が有りますね!」
「私にも、これから社会に立つ人々にも 有難いお言葉だと思います」

など多くの反応が寄せられている。