「船越英一郎の裏の顔、本当の奴の顔をお話しします」 松居一代の動画、その緊迫の中身

「船越英一郎の裏の顔、本当の奴の顔をお話しします」 松居一代の動画、その緊迫の中身

「船越英一郎の裏の顔、本当の奴の顔をお話しします」 松居一代の動画、その緊迫の中身の画像

女優の松居一代さん(60)が、2017年7月5日未明、動画サイトYouTubeに「船越英一郎 裏の顔」という動画を投稿し、同時に、ツイッターアカウントを開設した。

動画へのリンクを貼ったブログの投稿時間は、5日の深夜4時。動画内では、真偽は不明ながら、様々な「証拠品」を手に、夫で俳優の船越英一郎さん(56)の不倫などについて主張している。また、自身について書かれた女性週刊誌を手に、夫と不倫相手が自身を陥れようとしているとの自説を訴えた。

「まるで紳士のような顔をしてテレビに...」

7月5日の0時すぎに撮影されたという動画の長さは23分。スマートフォンなどで撮影されたとみられ、打ちっぱなしのコンクリートの壁を前に、松居さんが一人で語る映像に、一部編集が加えられた構成となっている。松居さんはまるで舞台のように張りのある声で語り続け、画面には緊迫感が漂う。

松居さんは冒頭で、夫の船越さんについて、

「一生添い遂げると思っていたんです。でも、船越英一郎は、私を裏切っていたんです。それも大変恐ろしいことをして、私を裏切っているんです。裏切りながら、まるで紳士のような顔をしてテレビに出ていますけれども、とんでもない男です。私はこれからここで、船越英一郎の裏の顔、本当の奴の顔をここでお話しします」

と、声を荒らげながら語った。

松居さんは動画内で、2008年の人間ドックの結果とするものを手に、船越さんが糖尿病を患っていると主張した。入院しての治療を勧めたものの、仕事のイメージを理由に拒否されたという。また、糖尿病発覚以降、顔面麻痺を2度患い、近年では服用する薬もより強力なものになっており、病気の影響から、2008年から勃起不全なのだとする。

そのような状態にも関わらず、2015年の春からは、国内で認められているものより強力なバイアグラを服用し、不倫をしていると主張した。強力なバイアグラが体に負担をかけ、心臓を抑えて悲鳴を上げることもあったという。

「みなさん、彼の顔をよく見てください。3年前の顔と、今のあのニヤケた顔、全く違います」ツイッターでの投稿内容は

動画には、松居さんがブログでも言及していた「恐怖のノート」の現物も登場した。船越さんのマンションを訪れた際に発見したものだという。

その内容については、

「私がおかしいと思っていることが、全て書いてありました。私の財産を、女と一緒に奪い取ろうとしていることまで書いてありました。週刊誌も、不思議なことに、発売前から書いてありました。彼が、犠牲者のような顔をして別れるためには、嘘を並べ立てる必要があったんだと思います」

と述べ、自身の親友でもある女性が不倫の相手だと主張した。

また4日深夜には、「松居一代、週刊文春にだまされた」として、週刊文春と取材をめぐってトラブルになったと訴える動画も公開している。

一方で、同日に開設されたツイッターアカウントへの投稿数は少なく、動画についてのものと、

「みなさん、本当にご心配かけてごめんなさい あたし・・・この89才の、おばあちゃんのおうちで休ませてもらってるのよ みなさん、本当にありがとう ありがとうね」

と、現況を報告するものにとどまっている。フォロワー数は5日の11時頃は40人ほどだったが、13時現在、2700人まで増えている。